Rubber-Green’s blog

前世療法 ヒプノセラピー 鎌倉 横浜 並木良和さん 

☆☆☆ヒーリングスペース【Rubber-Green】| 湘南・横浜・東京 |ヒプノセラピー・前世療法・インナーチャイルド| HP:Rubber-Green

ワタシの前世①

こんにちは。

前世療法、数秘術セラピストのホサカです。

 

今日は始めての前世療法(ヒプノセラピー)でみた、自分の前世について書きたいと思います。

 

私が始めて前世を見たのは、「前世療法初級講座」での実践練習の時。

 

「あなたはどこにいますか?」

と誘導され、うっすらとみえているような、感じているような事を、私は話し出しまた。

↓↓↓

f:id:Rubber-Green:20181110143700j:plain

 

 その時の私は20歳くらいで、茶色い髪。

自宅の庭で、長男(現世の次男)と長女(現世の夫)と遊んでいた。

とても幸せそうに、庭の花を摘んでいた。

 

けれど、夫(現世の長男)には、子どもができてから暴力をふるわれていた。

理由は、気持ちが子どもに向いてしまって、夫に冷たく接していたから。

物を投げつけられたりして、怖い。

世間体が気になって、助けを求めることもできない。

 

(場面が変わった)

レンガの壁が見える。レンガとレンガの建物の間に私は立っていた。

子どもたちはその建物の中にいて、窓から下にいる私と話している。

なぜだかわからないけれど、私はその中には入れない。

子どもたちは、知らないおじさんに連れてこられたと言っている。

安全な場所なのか、子どもたちは悲しんでいる様子はない。

連れて帰りたいけど、できない。

 

(場面が変わった)

私は自宅の庭にいて、一人で住んでいる。

夫も子どもたちも、そこにはいない。

子どもたちとはたまに会うことができるけど、一緒には住んでいない。

 

夫は50歳くらいで、馬に轢かれて死んだ。

悲しくはなかった。

子どもたちとは、あれ以来一緒に住んでいない。

私と子どもたちを引き離すために、

夫が知人の住む家に子どもたちを連れて行ったらしい。

 

(死の場面)

60歳ころ。家の中、床の上、横になっている。

やることをやって、老いて、死ぬのを待っている。

心臓発作みたい。息が苦しい。

 

(人生を振り返る)

私の人生、面白くなかった。

もう一度やり直したい。

何にもない人生だった。

みんなをもっと公平に見るべきだった。

夫を愛すことができなかった。

好きでもない夫と無理やり結婚した。

 

(次の人生はどうしたい?)

家族を公平にみたい。

もう一度やり直したい。

長男(前世の夫)のこと、仲間はずれにしないで

のけ者にしないで、優しく接したい。

 

これが、私が始めてみた前世でした。

お姫様でも、お侍さんでも、カウボーイでもなく、河童でもなく(笑)、

人を殺したわけでもなく、国を治めたわけでもなく、こんな人生でした。

 

もちろん、これが地球での最初の人生ではないはずだけれど、

なぜこれを思い出したのか

それは、やはり。。。。

 

長男(前世での夫)との関係でしょう。

今の私にしかわからない、

メッセージが込められた人生を、

潜在意識の私がチョイスしたんでしょう。

 

まだまだ続きます!

 お読みいただきありがとうございました♪

 

☆見えないけれど、いつもそこにいる、アナタへ☆