Rubber-Green’s blog

前世療法 ヒプノセラピー 鎌倉 横浜 並木良和さん 

☆☆☆ヒーリングスペース【Rubber-Green】| 湘南・横浜・東京 |ヒプノセラピー・前世療法・インナーチャイルド| HP:Rubber-Green

前世を知ってどうすんの?

こんにちは。

前世療法(ヒプノセラピー)、数秘セラピストのホサカです。

 

先日、友人2人と「おしゃれなランチ」をしてきました。

www.yyjam.com

家からも車で20分ほどで行けるのに、家が大好きで引きこもりがちな私は、初めての訪問です。

 

ロケーションも食事も店内の快適さも、最高です!

(ほんと、おすすめ!!次はビール飲みたい笑)

 

友人は私と同じ、個人事業主仲間。

ニットの講師とは畑違いのこと始めたみたいだけれど、

前世って自分で見れるの?」と”頑固で一本気”タイプのNちゃんに聞かれ、

運ばれてきたサラダに、抜群においしい手づくりドレッシングをかけながら、私は話し出しました。

 

 

 

f:id:Rubber-Green:20181116190605j:plain

例えばね、”昔の人っていうとどんな人が浮かぶ”?

昔の人…ねぇ。うーん。。。。今浮かんだのは漁師さんかな

漁師さんってことは、男の人?どんな格好してる?

うん、男の人で、〇〇みたいなの着てる

---〇〇の部分、忘れてしまった(汗)。---

その人、結婚してる?

うん、してるみたい

子どもは?

ふふふ。いるみたい

そんな風に見えるんだよ。

 

潜在意識に記憶されている過去世を思い出すのは、本当に面白い。

 

「私の最近知った自分の前世はね、南米の宮殿の王族だった時に、力を示すためにたくさんの人を殺した(殺させた)の。それらがきっかけで信頼してた神官に、燃やされて殺されたの。亡くなってから、善良な村人や家来たちに申し訳ないことをしたって反省して、今度生まれ変わったら、困っている人を助けられる自分になりたいって、そう決めて生まれてきたみたい。だから、この道に進むのも、自分で決めてきたことなんだって確信して、それで進むことにしたんだよ」

 

「例えばね、Nちゃんの”頑固で一本気なところ”は、もしかしたら、前世で自分で何にも決めてこなくて、いつも人の言うこと聞いてるような人生で、それを反省して、”次の人生では、何でも自分で決めたことを貫き通そう”って決めてきているのかもしれないね」

「面白い!!」

と友人の目は輝いていました。

 

苦しみや痛みはそこにはなくて、もっとずっと奥底に隠れている。

そこに気づき、癒し、認めることで、自分が課してきた課題から解放される。

 

その友人の仕事にも、「それは繋がっている!」って。

 

体を整える仕事をしている彼女は、

湿布などで痛みを取り除くのは、本当に一時的なもので、

根本的な原因を探して治していかないと、いつまでも繰り返される。

痛いところに、原因はないんだよね。

と以前話してくれた。

 

前世療法(ヒプノセラピー)は、ただ過去世を見て、

「そんな人生を送ってきたんだ」

と知るだけではなく、その思考癖、その痛み、その苦しみ、その生活は

現世の親から受けた思い込み、

更には、その前の人生からもってきたもの(課題)と知ることが大切なんです。

 

今あなたを苦しめている現実は、

自分が最高の自分になるための、最高の出来事。

最高の自分になるために、自分が用意してきた課題。

そこに気づくと、パラレルワールドに入ったように、

大きく現実が変わりだします。

 

ご興味のある方は、「2019年1月」までの

ヒプノセラピー体験モニター」に、ぜひお申込ください♪

 

※体験モニターでは、前世を見ること、知ることに焦点をあてますので、癒しの部分やカウンセリングはありません。

 

#ヒプノセラピー #前世療法 #イルキャンティ #体験 #モニター #前世 #過去世 #思考癖 #潜在意識 #苦しみ #セラピー #江ノ島 #ランチ#デート