Rubber-Green’s blog

前世療法 ヒプノセラピー 鎌倉 横浜 並木良和さん 

☆☆☆ヒーリングスペース【Rubber-Green】| 湘南・横浜・東京 |ヒプノセラピー・前世療法・インナーチャイルド| HP:Rubber-Green

前世療法体験モニター様のご感想②【孤独と後悔】

2019年11月 平家様(仮名)

 

【体験モニターにお申込くださった理由、動機】

---ヒプノセラピーは以前から興味がありました。

---前世や潜在意識にある、自分の人生のヒントを掴みたくて申し込みました。

 

【前世療法体験でわかったらいいなと思うこと】

---自分の魂の使命や考え方の癖になっていることの理由。

---孤独でないのに孤独を感じてしまう理由。

 

平家様はエネルギーワークや潜在意識、スピリチュアルや量子力学などにも詳しい方で、瞑想もよくされている方です。

より深く入っていただこうと、チャクラの浄化を伴った催眠誘導をさせていただきました。

 

以下、平家様のご感想です。

 

ヒプノセラピーのモニター受けました】

催眠療法ヒプノセラピー
以前から気になっており、
ついに受ける機会を頂きました。

保坂 早苗さんが前世を見れるヒプノセラピー
モニター募集をしており、
すごく信頼が置ける人だったので、
即効受けることを決めました。

 

今回は前世を見ることで、
今人生の使命だと思っていることや、
自分の思考癖、
そして
勝手に感じる孤独感の理由
などを見たいと思い、
受けました。

催眠に入るまでのしっかりとした説明。
前もって伝えて頂けて、
すごく安心感がありました。

そして、実際催眠に入ると、
手や足などの体の感覚は薄まり、
ぼーっと心地よい感覚。

前世の扉が開くと、
僕は中世のヨーロッパにいました。
国はわかりません。

僕は40代の男性として、
城下町の道を歩いている場面でした。

周りには、店があり、
活気がある商店街のようなイメージ。

しかし、その周りの雰囲気とは対照的で
僕はひとつ覚悟を決めて城に向かっていました。

家族は奥さんと娘がいるような気がしました。

その場面は、一人で行動しているため、顔まではわかりません。

その家族には何も告げないまま、城に向かっていました。


場面は変わり、
城の中で王様と話している場面。

僕がこの時に果たそうとしていたのは、
これから巻き起こるはずの戦争を止めようと、王様を説得しようとしていたのです。

僕のこの人生の立場はよくわかりませんが、側近ではないものの、王様と話ができるくらいの立場。
戦争が起こる話を聞いたわけではないが、予知能力みたいなものが働き、国が火の海になることをはっきり見えたようで、それを防ぐために王様に説得に行ったようです。

f:id:Rubber-Green:20181225072103j:plain

 

しかし、神官でもない立場でそんな予知能力があるわけないと言われ、その上、戦争になりそうだということの情報を持っていた僕に対して王様は激怒しました。

戦争で国が滅亡するという理由で戦争を止めようとしていること自体も気に入らないようでした。

王様は僕のことを牢獄へと閉じ込めました。

場面は切り替わり、牢獄の場面。
牢獄にいる間に戦争が実際起こったことを知らされる。

その後、少し経つと閉じ込められたまま放置されて、そのまま亡くなるという結末。

f:id:Rubber-Green:20181225072250j:plain

 

 この人生は、本当の前世なのか、イメージが作り上げたものかは、はっきりわかりません。

しかし、ストーリーに一貫性があり、さらに今回、僕が知りたかった情報がふんだんに入っていました。

・なんで一人で王様に伝えに行ったのか。
・なんで家族に何も伝えずに行ったのか。
・なんで王様には伝わらないのか。
・なんで国を救えるための情報を持っていたのに救えなかったのか。

こんな後悔を抱えた人生。

だからこそ、孤独感を勝手に背負っていて、
勝手に進んでいる自分がいた。

今の人生においても、言葉が伝わらない時や、何かの誤解のある時はどうしても何かを伝えたくて仕方なくなる。
伝わりきらない時は少し自分に嫌気がさすことがたくさんあった。

これもこの中世のできごととの関係があるかもしれない。

そして、今回の人生では知識を引っさげて、
さらに人と協力をしながら、何かに挑もうとしている。

そして、その挑もうとしている先には平和が広がる。

例え、最初は小さな平和だとしても。
中世の自分の後悔を無駄にしない。
誓いました。
これから生活の中でも何か変化がありそうです。

ヒプノセラピーは、人に見てもらうのではなく、自分の感覚で体験する世界であり、語り手も自分。だからこそ、感覚が残ります。

今回ヒプノセラピーをして頂いた保坂さん。
本当にありがとうございました。
興味本位だけで受けたヒプノセラピーで、
覚悟に繋がる気持ちが生まれました。
本当にありがとうございます!

 

一週間経つと生活の中での変化もありました。

相談せず一人で悩む癖というものが、過去世に理由があるということを実感しました。

それを繰り返さないようにするためにもすごい気づきでした。

 

人を信じて、相談するという姿勢を大事にしていきたいと改めて思いました。

 

そして、誤解とか、人に伝わらないことへの自分への苛立ちの意味が分かりました。

 

あの人生の後悔を繰り返さないために、このタイミングで受けてよかったです!

 

 

 #UE#UEプラクティショナー#前世#過去世#前世療法#ヒプノ#ヒプノセラピー#数秘#数秘術#ヌメロロジー#編み物#ニット#子ども手芸#教室#セッション#カウンセリング#悩み#自責の念 #魂 #光の存在 #メッセージ #体験