Rubber-Green’s blog

前世療法 ヒプノセラピー 鎌倉 横浜 並木良和さん 

☆☆☆ヒーリングスペース【Rubber-Green】| 湘南・横浜・東京 |ヒプノセラピー・前世療法・インナーチャイルド| HP:Rubber-Green

前世療法体験モニター様からのご感想④【地球と子供】

2019年1月 皆川様(仮名)

 

【前世療法体験でわかったらいいなと思うこと】

---10歳までの記憶がありません

---今の自分に必要なことがあれば何でも

 

皆川さんは、スピリチュアルな活動をされていて、今も宇宙の記憶をお持ちでした。

 いつこの世とさよならすることになっても、毎日全力で生きているから、なにも悔いはないと神秘的な瞳で話してくださいました。

 

「ただ。。。」

 

「ただ、ひとつだけやり残したことがあるとしたら、子供を生んでいないということです。」

 

「今まで一度も授かったことがなくて、どうしてかな?と。生むという体験は、経験してみたいです」

 

皆川さんは、記憶がなくなるほどの辛い体験をしてきていても、すべてはカルマの解消に必要なことだったし、相手はあまりに未熟な魂だったから、と。

全てを理解し許し、前を向いて使命に生き、全力で毎日を生きている。

強くて優しい彼女はなぜ、お子さんに恵まれないのでしょうか?

 

「子供を生む資格がないと思っている?」の問いに彼女は、

「いいえ。それに母性の強いタイプだと思います」と。

 

「過去世でお子さんがいたことは?」の問いに彼女は、

「実は一度も自分の子供がいたところを見たことがないんです」と。

 

さっそく、前世療法にはいることにしました。

f:id:Rubber-Green:20190111090244j:plain

 

【前世へ誘導】

(あなたはどこにいますか?)

野原。丘の草原。私は女性で白い肌をしています。

20代くらいで、ショートボブの茶色い髪。

ここはヨーロッパ…東の方かな。すごく田舎。

 

(そこでなにをしてますか?)

ただ、立って遠くの町を見てる。

回りには誰もいない。喜怒哀楽の感情はない。

 

(家族はいますか?)

父、母がいます。

 

 

【その人生の重要な場面へ誘導】

16歳くらいです。

私は家の中にいて、心がざわざわしています。

あ、怖い怖い。。。

父と母は家の外にいて、村の中のトラブル?かな。

その様子を見ています。

私の身に何か悪いことが起こる。。。

 

(その後どうなりましたか?)

教会の中で、私は裸で横たわっています。

回りには神父と教会の人が2人います。

生け贄。。。生け贄にされるみたい。

血を抜かれている、、子宮から血を抜かれて死んでしまった。

悲しいのは、死んだことではない。

私が死んでお父さんが悲しんでいることが辛い。

私の体は父に返された。

 

村はその後何もトラブルはない。

生け贄になったから、治まったと村の人は思っている。

どうしようもなかった。仕方なかった。

 

…もしかしたら、妊娠していたのかもしれない。

お腹の中の赤ちゃんは呪われている赤ちゃんと思われて、

それでこうなったのかも。

 

(赤ちゃんの相手がわかる場面へ誘導)

こわい、怖い。襲われてる。

自分の家。夜に突然入ってきた。何人も。

家には私しかいない。

悪い集団。村の人たちも警戒してた。

村を略奪しようとたくらむ、黒い集団。

人間だけど、人間じゃない。

肌は茶色い、黒い。。。目は青い。

(襲ったのは現世の元旦那さん)

 

私のことがほしかったんだと思う。

その集団は村から少し離れた山奥に住んでいて、

以前、そこで病気になっていたその男を助けたことがあった。

私は薬草…ハーブを使って治療ができたから。

 

彼女は薬草について、以下のようなことを語りました。

母に教わったわけじゃなく、ただ知っていた。

村の人にそれを作ってあげたりしていたけど、魔女に思われなくてよかった。

村の人たちはみんな優しい。幸せだった。

 

それでその男を助けたことがあった。

その時からその男に狙われていた。

 

魂だけになった彼女に、どんな人生だったかを聞いてみました。

苦しい。苦しいのは自分が生け贄になったことじゃなくて、

生け贄になったのを知って、悲しんでいる父や村の人たちの思いが苦しい。

胸が潰されそう。

みんな優しかった。幸せだった。悪い人生じゃなかった。

私を襲った男は悪い人じゃない。

でも私を奪おうとしたことはよくない。

 

使命を全うしたかった。

私の使命は薬草を使って、人を助けること。

もっと助けたかった。

 

(もしその子を産んでいたら、どうなったかな?)

村を離れ、山奥のその集落で暮らしたと思う。

。。。生みたかった、生みたかった。

自分の村には、その事実を受け入れてほしかった。

この子は呪われた子じゃない。

 

私は彼女に宿った子供と接触をするよう誘導しました。

(私は、今も皆川さんのお腹の中にその子はいて、クルクルした髪の男の子を感じていました)

丸顔(笑)、茶色?黒っぽい肌。青い目。男の子。笑ってる。

 

(男たちは、地球人?)

今も地球に住んでる。でも宇宙から来てる。

 

(その男たちはなぜ、地球に来たんだろう?)

(泣)私を迎えに来た。でも、私のことを村が離さなかった。

地球で使命を果たさないと、私は帰れない。まだ帰りたくない。

私、地球が好きなの。花が咲いてて、山が緑で、きれいなの。

私の星の名前は「ミラ」。地球と違う銀河系かもしれない。

その男たちはたぶん違う星から来ているみたい。種族が違うのかな。

 

(あなたがこの地球で男の子を生んだとしたら、その子はどうなりそう?)

(笑)幸せ。その子は近くにいる。

お腹の中にいる。左の子宮の中。

 

私は、その子が地球に生まれてきたいのか、生まれるにはどうしたらいいのかを聞いてみました。すると皆川さんは、宇宙の言葉でその子と交信を始めました。

地球の海がきれいになったら、生まれたいって言ってます。

生まれたらやりたいことがたくさんあるって。

 

(海がきれいになるために、どうしたらいいかは、もうわかってる?)

うん。今友達とそのプロジェクトを始めている。

地球は美しい。戻したい。

そう思っているだけで、もう生まれてもいいって思っているみたい。

f:id:Rubber-Green:20190110183122j:plain

 

----------------------

皆川さんは、笑って目を覚ましました。

そして「やっぱり」と納得したようにつぶやきました。

 

赤ちゃんは、いつも皆川さんの中にいて、準備ができたら生まれてこようと思っているようでした。

そして、今までも何度も迎えに来ている存在にも納得しているようでした。

「私はかぐや姫のわけ御霊なんです」と。

美しい地球や小さな花が大好きなんだと教えてくれました。

 

美しいこの地球に、彼女の子供が生まれるのは、そう遠くないかもしれません。

 

 

【ご感想】

保坂さんの質問でどんどんビジョンが進んでいきました。

とても大事なことが分かった気がします。

涙が止まらなくなるなんて、想像できなかった。

すごいです。ありがとうございました。

 

 

 #前世 #前世療法 #ヒプノ #ヒプノセラピー #体験 #モニター #宇宙 #宇宙の記憶 #かぐや姫 #分け御霊 #過去世 #使命 #人生の目的 #宇宙の法則 #ライトランゲージ #宇宙語 #海 #バリ島