Rubber-Green’s blog

前世療法 ヒプノセラピー 鎌倉 横浜 並木良和さん 

☆☆☆ヒーリングスペース【Rubber-Green】| 湘南・横浜・東京 |ヒプノセラピー・前世療法・インナーチャイルド| HP:Rubber-Green

前世を知ってどうすんの?その②

こんにちは。

最近、こんな質問がありました。

 

「前世を知ることって、怖くないですか?人を殺したり、すごく嫌なやつだったりしたら、落ち込んじゃうかも」と。

 

その気持ちわかります!

 

私、前世でこんなことしてたのかぁ!と罪悪感や自責の念で、しばらく立ち直れないかもしれない。。。と、私も思ったことあります。

 

何百年も前のことなので、人を殺めたり、残酷なことをしたり、もちろんされたりの前世はあります。

 

そんなひどいことをしたり、されたりしていたなんて。。。

だから今その時のカルマを背負って、私は苦しいんだわ。。。

 

 

と終わらないためにも、Rubber-Greenの行う前世療法では、

しっかりとその理由を探り、癒し解放しています。

 

例えば(私の例)

 

私は船乗りでした。といっても下っ端の下っ端で、甲板の掃除係。

ボロ雑巾のような服を着て、歯はボロボロで笑うと情けない顔。

40代後半の私は、仕事仲間の中では年上でしたが、みんなに顎で使われていました。

今までいくつもの仕事をしては、逃げ出していました。

 

f:id:Rubber-Green:20190205154851j:plain

いつもニコニコ、ヘコヘコしていて、腰が低く、

みんなに気を遣って生活していました。

 

ある日仕事仲間と酒場で酒を飲んでいました。

円卓に6人。みんな自分より年下だけれど、気に障らないようにその場を盛り上げていました。

自分を笑ってもらい、楽しませ、嫌われないようにしていました。

 

そんな時、ちょっとした出来心、、、ふざけ半分で、その仲間(と思っている)の一人の小銭を盗みました。

 

次の場面で、私は船の上にいました。

船の上といっても、箱の中に入れられ(詰め込まれ)、船の上からロープで下ろされていました。

 

信じられない。許せない。

ちょっとふざけただけだよ。小銭だぜ?

あんなにヘコヘコして、気を遣って盛り上げてやったのに。

許さない。許さない。

なんでこんな人生なんだよ。

俺の人生、惨めだった。惨めなことしかなかった。

 

箱に詰められ、海の中に沈められ、その人生は終わりました。

 

もし、そこで催眠から覚めなければいけないとしたら、

それはもう、相当悶々とするでしょうね。

惨めな人生、人にへつらい、遊ばれるように殺され。

 

けれど、忘れてはいけないのは、

この惨めな人生を経験することを選んだのは、

自分だということ

そして、どうして惨めな人生を経験する必要があったのか?

その原因となる前世を知る必要があるんです。

 

そして、この惨めな人生を見て、私の潜在意識は覚悟を決めたように、

その原因となる前世の幕が突然、本当に突然開きました。

 

(続きは次回)

 

 

#前世#前世療法#催眠#催眠療法#民間療法#ヒプノ#ヒプノセラピー#惨め#人生#諂う#潜在意識#無意識#人生#覚悟#情けない#船乗り#転職#選択