Rubber-Green’s blog

前世療法 ヒプノセラピー 鎌倉 横浜 並木良和さん 

☆☆☆ヒーリングスペース【Rubber-Green】| 湘南・横浜・東京 |ヒプノセラピー・前世療法・インナーチャイルド| HP:Rubber-Green

前世療法体験モニター様からのご感想⑦【闘牛士と靴屋】

2019年1月 三田様(仮名)

 

【体験モニターにお申込くださった理由・動機】

---不思議だなと思う体験を何度かした事があり、気になっていたため。

---これからどのように過ごせばよいか考える事がよくあるため。

 

【前世療法体験でわかったらいいなと思うこと】

----自分のまわりの人とどう接していけばよいか。

---自分がどうして今の人生を歩んでいるのか。

 

三田さんは、子供の頃から”残酷なシーン” ”血” ”お化け” が本当に嫌いだと話してくれました。

そして争いごと、競争することが苦手て、いつも友達へ劣等感を感じていたようです。

 

お話をさらに深くお伺いし、

「自分に自信がないと思う原因となった前世」へ誘導しました。

 

 

たくさんの白い柱と、噴水。

盾を持ち、裸足でそこに立っている青年こそが、前世の三田さんでした。

 

ギリシャ神話に出てくるような、闘牛場が見える。

やりたくない闘牛士の仕事をしていたが、今はしていない。

母は太っていて、長いスカートにエプロンをしている。

いつも僕を心配している。

 

 

闘牛士として戦っているシーンへ誘導)

すると、三田さんは泣き出してしまいました。

 

24歳の僕の目の前に牛がいる。怖い。

周りには多くないが、観客がこちらを見ている。

僕は、僕は。。。牛の頭を切った。。。

悲しい。。。本当に悲しい。。。

 

f:id:Rubber-Green:20190424115917j:plain

 

お母さんが僕を見ている。心配している。

でも、お母さんのためにやらなくてはと思っている。

 

お父さんは強くて、怖くて、偉い人。

一緒には住んでいない。

 

 

(その人生の重要な場面へ誘導)

その後、病気で母が亡くなってしまった。(号泣)

父は鎧のようなものを着て、母が亡くなってしまったのに、ただ突っ立て見ている。

 

闘牛士になることは、父の命令だった。

僕は母に強い姿を見せ元気付けるため、嫌だったが、闘牛士になった。

 

 

僕は、本当は学者になりたかった。

幼い頃「学者になりたいから、学校に行きたい」と父に相談したが、

「ダメだ、お前は兵士になりなさい」と言われ、抵抗できなかった。

祖父も父も兵士だった。

王様の横にいるような、偉くて強い兵士。

 

その後、父が働いているお城へ行き、そこで働くことになった。

僕は、そこで武器を作る鍛冶屋になった。

それは良かった。牛を殺さないですむ。

 

 

ある日、王様のために作った靴が気に入られ、王様に「武器作りはやめて、靴屋になりなさい」とアドバイスを受けた。

王様(現世のお世話になっている社長さん)は優しくて、いつもよくしてくれる。

 

その後お城を出て、街で靴屋を開き結婚をした。

妻は優しい。間もなく赤ちゃんもできた。

 

お城で兵士として働いている父は、孫ができたことを喜んでいる。

 

父は、僕を兵士にしたかった。

僕は弱いから、弱いから。。。

強い男にしたくて、だから闘牛もやらせたし、

兵士にさせるため城に連れて行った。

でも王様がそれを阻止してくれた。

僕は、父の事は好きだけど、父は僕のことは好きじゃない。

だって僕は弱い。。弱いから(号泣)。。。

 

(そこで幼い頃へ誘導)

僕はまだ赤ちゃんで、僕が生まれたことをとても喜んでいる。

父も母も笑っている。楽しそう。僕も幸せ。

 

 

 

(その人生の最期の場面へ誘導)

僕の家が突然襲われ、妻と赤ちゃんを連れていかれた。

抵抗したがダメだった。相手が強すぎた。

どうやら父が命令したようだ。

目的は孫を兵士にするためだと、後から分かった。

僕は城へ向かったが、捕まってしまい、牢屋に入れられてしまった。

妻と赤ちゃんが時々面会に来たが、お互い捕虜のため逆らえない。

その後、妻と子供に見守られながら、僕はそのまま、牢屋のベッドで亡くなった。

↓↓↓

明るい、花畑、蝶々、草原、、、穏やかなところにいる。

僕がもっと立派な人間だったら、こんなことにならなかったのに。(号泣)

でも好きなことをやりたかった。

本当はお父さんの期待に応えたかった。。。でもできなかった。

あの子が、赤ちゃんが、赤ちゃんが連れて行かれた!

お父さんに連れて行かれて。。。

静かに暮らしたかったのに。。。

だから、まだ死にたくなかった。守りたかった。

 

「お父さん、ごめんなさい。ごめんなさい。兵士にならなくてごめんなさい。でもこの子は、この子は、この子の人生があるから。僕みたいになってほしくない。悔しい。自由にさせて欲しい。自由にしてあげて」

 

人生を振り返り、悔しさと無力さに苛まれている前世の三田さんの元に、その人生で関わりの深かった魂たちに集まってもらいました。

 

「みんなで仲良く暮らそう」そういうと、みんな笑っている。

子供は「お父さん、笑って」と。

父は「本当はお父さんもみんなと仲良く暮らしたかった。悪かった」と。

 

次の人生は、みんなと仲良く暮らしたい。

お父さんに認めてもらいたい。笑って欲しい。

全然笑わない人だった。

 

前世の三田さんは、自分の好きなこと(靴作り)をし、幸せに暮らしていた。

けれど、お父さんに大切な人を奪われ、自分の無力さと、自分のせいで犠牲になった家族への自責の念に苦しんでいました。

ただ、「みんなと仲良く暮らしたかった」その思いを告げたことで、関わったみんなはは笑顔に変わりました。

 

自分に自信がないのは、守りきれなかった家族への想いがあったからだとわかり、さらには、「みんなと仲良く笑顔で暮らしたい」という自分の想いを再確認できたそうです。

 

前世の王様は、現世でも三田さんを導いてくれる存在だとか。

久々に会いに行ってみようと思います。と笑顔で帰って行かれました。

 

三田さん、ありがとうございました!

 

#ヒプノセラピー #心理 #心療 #前世 #インナーチャイルド #前世療法 #過去生 #親の言いなり #スピリチュアル #自己肯定感 #自己否定 #悩み #自信がない #解決 #原因 #潜在意識 #アカシックレコード