Rubber-Green’s blog

前世療法 ヒプノセラピー 鎌倉 横浜 並木良和さん 

☆☆☆ヒーリングスペース【Rubber-Green】| 湘南・横浜・東京 |ヒプノセラピー・前世療法・インナーチャイルド| HP:Rubber-Green

ワタシの前世⑧【旦那さんとの関係性その②】

前世療法士&ヒプノセラピストのホサカです。

 

以前の記事で、”私の人生(前世含む)には、『現世の夫』はなくてはならない、とても近しい存在のようです”と、書きましたが、

実際前世ではどんな関係だったのかを、書きたいと思います。

rubber-green.hatenablog.com

いくつか思い出した前世の中で、特に印象に残っていることから書きたいと思います。

2018年11月、私は催眠誘導をしてもらい、前世の扉を開けました。
私は剣闘士のような恰好をし、コロッセオの入口から中を見ていました。
でも、なんかいつもと違うんです。
何ていうか、かなりぼんやりとした風景だし、感情もないんです。
(感情は比較的感じ取りやすいタイプ)

f:id:Rubber-Green:20190628151702j:plain家族は年の離れた弟(現世の夫)がいるようでした。

父や母はいないように感じました。
 
コロッセオで戦ってはいないようでした。
そこで働いている、そんな感じでした。
そこで働くのは好きでも嫌いでもない。
そんな、ぼんやりとした感じでした。

でも16才くらいになると、戦うようになりました。
俺は強いんだ
そう言いながら、戦いの場面になると、はっきり見えなくなります。

誰と戦っているのか?人なのか?猛獣なのか?わかりません。

戦いは、自分の体に傷がないところを見ると、どうやら「勝った」ようでした。
ということは、相手を傷つけたか、それ以上だということです。
でも、なんとも思っていないんです。

悲しくも、嬉しくも、勇ましくも、自己否定も。
なんの感情も感じません。
セラピストの誘導に従い、次の場面に行くと、
そこは森の中でした。
弟と馬に乗っています。
 
その時、「あれ?」と思いました。
なんか違和感があります。
 
馬の背中に乗せられている僕は、死んでいました。

山の中に埋葬されるため、運ばれていました。
悲壮感が漂っています。

馬で運んできたのは、僕、いや、でした。
んんん?

前世を思い出している自分も、頭が混乱しています。
んん…?どういうこと?
 
するとセラピストの陣野先生の誘導で、理由がわかりました。
こんなこともあるんだ!
と、ビックリしました!!

続きは、また次回!
 

#前世 #前世療法 #ヒプノセラピー #セラピスト #コロッセオ #コロシアム #ローマ #剣闘士 #陣野 #一宇 #並木良和 #夫婦関係 #カウンセリング #セラピー #鎌倉 #湘南 #横浜 #神奈川 #心理