Rubber-Green’s blog

前世療法 ヒプノセラピー 鎌倉 横浜 並木良和さん 

☆☆☆ヒーリングスペース【Rubber-Green】| 湘南・横浜・東京 |ヒプノセラピー・前世療法・インナーチャイルド| HP:Rubber-Green

ワタシの前世⑨【旦那さんとの関係性③】

前回の続きです。

 

rubber-green.hatenablog.com

 

コロッセオで剣闘士をしている私には、年の離れた弟がいました。

戦いに勝っても、何の感情もなく、現世の私は違和感を感じていました。

 

そして、森の中の場面。

馬の背中に乗せられているのは、私でした。

どうやら亡くなってしまったようで、埋葬されるため森に運ばれたようでした。

 

でも、見た目は弟。

「ん?んん?んんん?

 

現世の私もびっくり!

私は兄ではなく、弟でした!!

コッロセオで剣闘士として働いていたのは、私ではなく兄でした。

 

どうやら、こういうことでした。

f:id:Rubber-Green:20190708143059j:plain

 弟の私は、幼いころから病気がちで、ほとんどをベッドの上で過ごしていました。

咳がよく出ていて、結核のような症状も感じました。

家族は兄だけじゃなく、父も母もいました。

 

兄は病気の私を不憫に思い、少しでも生きる力を!と、

 

「剣闘士のお兄ちゃんは強いんだぞ。今日も勝ったんだ。だから、お前も病気に勝てる。お兄ちゃんの弟だからな」

と、いつも励ましてくれていました。

 

そして、外の様子、コロッセオや剣闘士としての話をしてくれました。

私にとって、兄の話が人生の全てでした。

 

けれど6歳ころ、病気に負けて、私は亡くなってしまいました。

悲しみに暮れながら、兄は私を埋葬するため森にやってきていました。

その時、初めて気づいたんです。

兄は剣闘士ではなかったことを。

私を勇気づけるため、嘘をついていたことを。

 

それを知った私は涙が止まりませんでした。

私のために嘘をつかせてしまったこと

いつも励まし勇気づけてくれたこと

私が寝たきりで、家族はどこにもいけなかったこと

私のせいで、犠牲になった時間がたくさんあったこと

 

そして、私は家族に謝りました。

家族はそんなこと、全く気にしていませんでした。

それどころか、私のお陰で、家族がいつも一緒に居れたことを感謝されました。

兄(現世の夫)は、病気がちな弟(私)を不憫に思っていること、力になれなかった無力感を感じていました。

でも私は、兄の話してくれたことが自分が経験したことのようで、とても嬉しかったことを伝えました。

 

この前世で、私は家族の愛を感じました。

all for one,one for all.

そして、もうお兄ちゃんが嘘をつかなくてもいいように、私は元気に正直に生まれる!と誓いました。

 

 

この前世で、現世の夫は私を不憫に思い、力になってやりたかった。

という思いが残っているようでした。

この「力になってやりたい」という彼の思いは、この後も何度か続くことになります。

 

それについては、また今度書きたいと思います。

お読みいただき、ありごとうございました♪