Rubber-Green’s blog

前世療法 ヒプノセラピー 鎌倉 横浜 並木良和さん 

☆☆☆ヒーリングスペース【Rubber-Green】| 湘南・横浜・東京 |ヒプノセラピー・前世療法・インナーチャイルド| HP:Rubber-Green

★並木良和さん講演会③~秋分の日~★勝手に宇宙がやってくれます★

 9/5に行われた並木さんの講演会の内容を、
文字にしました
自分の解釈が入らないように、そのまま、並木さんの言葉で書きました。
 
その前に、
少しだけ、自分のことを書かせてください♪
私はこの日、朝からずっとだるくて眠くて。
 
そういう時はこういう時だよ、みたいに言われている事柄も、
全然入ってこないほど、ぼーっとしていました。
 
そんな夢の中のような状態で、この講演会を聞いていました。
そして、不思議な体験をしました。
 
並木さんが次はこの言葉を使って、こうやって説明する、
そしたら、舞台の階段に降りて、こんなことを言って、
こうやって動く。
そしたら、次は、、、って、わかったんです。
 
本当にそうなるかな?なんて半分ぼーっと思いながら、
並木さんの立つステージを見ていると、
 
あら、そうなっちゃった( ゚Д゚)
面白い。すごいって、思いました。
 
その後、少し居眠りしてしまって。
スーハーするタブレットを口に運び、なんとか目を開けましたが、
その後は、視界がはっきりしてきちゃって、
もうそんな体験はできなくなっちゃった。
 
面白い体験でしたが、
目醒めるって、こういうこともあるんだろうなぁって。
体感できました。
 
長くなりましたが、
以下、秋分の日にあたっての、書き下ろしです。
 
⇩⇩⇩
 

  

宇宙に向かって言うんです。
宇宙というのは、ハイヤーセルフね。
 
私はもう、外によって反応する、
外によって一喜一憂する、
外によって何か思わされるっていう生き方を完全に終わりにしようって、
毎日、ハイヤーセルフに向かって、言ってみてください。
 
それだけで、反応の仕方が変わるのがわかるから。
現実と自分との間に隙間ができるのが、わかるんだよ。
現実ってスクリーンにベターっとくっついて、
すごい勢いで、でこぼこが、3D化してるのね。

まだ、臨場感あるでしょ?現実が。
ただ平面に、スクリーンに、映像が映し出されているのが、この世界だからね。
ここに、あなたが好きな人たちがいます、あと何とも思わない人がいます。
そこに意識を添わせたときに、併行なの。
 
でも、嫌い!って感情的にアタッチする人がいると、ぼこ凸っとしてくるのね。
好きもそうね。
好きで好きで仕方がないって、その人に感情移入してしまっている人は、ぼこ凸ってしてくるのね。
でもそうじゃない人は、平面です。
また感情的にアタッチする人がでてくると、ぼこ凸ってしてきます。
 
それであなたは、本当は平面に映し出されている映像なのにも関わらず、
まるでそれがあなたを取り巻く3Dのような環境に生きているみたいな、
臨場感を体験しているのが、今のあなたです。
 
だから、いま僕が教えている統合などをして、手放していっちゃうと、
全部が平面に見えちゃうんです。
 
で、平面になると「変えられる」って意識に、途端になるの。
平面に描いた絵は、消して書き換えられるでしょ。
そんな意識になるんです。

だから、全く生き方が変わるんですよね。
 
全然今までとは、反応の仕方、捉え方、見え方が一変することになります。
 
2021年12月21日の冬至に、
意識の反転を起こす人たちが出てくるっていうのは、
そういう意識にばばばっとシフトが始まるんです。
 
そうなると、今までは現実に対処することに忙しかったから、
ハイヤーセルフがインスピレーションを降ろしていても、
まったくそれを受け取ることができなかったのね。
ハイヤーセルフって、静か~な澄んだ声なんだけどね、
澄んだ声って、澄んだ意識じゃないと受け取れないの。

f:id:Rubber-Green:20190908091601j:plain

 

 

でも上司が、支払いがって、意識が忙しく動いているから、かき乱されちゃって、
その澄んだ声が聞こえないんですよ。
 
直感を感じられないって人は、思考がうるさい人なんです。
だから、あなたがたが思考を静めさえすれば、
ハイヤーセルフはこんなに情報を送ってくれてたのかって、びっくりしますよ。
 
僕が、自分に一致して目を醒まし始めた時って、
その先がね、全部見えるの。
自分の動きが全部見えるの。

で、僕はそれを辿っていくっていう生き方になってしまったわけ。
自分がこの道でOKだって思ったら、辿っていけばいいし、
あ、この先つまんないって思ったら、つまる道を探すのよ。
 
今までは、やみくもに動いてきたわけですよ。
結果がわからない、どうなってしまうんだろうって、不安を感じるからさ。
不安を使ってるって言った方がいいかな。
でもそうすると、不安や焦りって、途端に自分のエネルギーを曇らせて、
霧をかけるようにして、見えなくするんです。
で、益々わからなくなるんです。
 
こういう生き方、眠りの生き方っていうのも、楽しむっていう時もあったんだけど、
「目を醒ましてて生きる」っていうのが、主流になっていった時に、
こんなに楽しい生き方はない、って僕は思ったの。
現実が普通にシンプルになっていく
普通にうまくいく、つまり、障害になるものがなくなるのね。
 
でも、これが面白くない、障害があった方が、
ジェットコースターみたいで面白いっていう人は、
この話は聞いちゃいけないんです。
 
だって、自分の人生は自分が主導権を握って、
なんでもコントロールできるようになるっていうところに立って
生きるようになるから。
 
でもそういう生き方って、つまらないって言う人もいるんです。
だけど、そのくせ、思い通りにいかないと、
「ちぇっ」とか「うっ!」とかやるじゃん。
だから、宇宙はどっちにするの?って聞いてる
 
僕たちは、本来の私たちの高いエッセンスというのを閉じ込めて、
価値のないような、そんな生き方を、
地球の周波数を使ってしてきたわけ、体験してきたわけね。
 
でも、もう何世紀も何世紀もやってきたわけだから、もう、十分じゃないですか?
抜けるなら今ですよって、宇宙が教えてくれているのね。
 
だから、それをやっていくって、すーごいエキサイティングなことだなって、
それができるんだったら最高だなって、
今なら私、肉体を持ったままそういう意識でここを生きることができるって、
最高だなって言って、今世は生まれてきたのが、皆さんなんです。
 
このタイミングは二度とやってこないから。
目を醒まして、覚醒していくっていうプロセスをたどる中でも、
宇宙史上、稀にみる、恵まれた瞬間です。

今僕たちが生きている、この時代というのは。
 
次のサイクルを迎えても、この条件で迎えるわけではないので、
こんなにバックアップがある宇宙の時期っていうのは、もう二度とありません。
だから、これを使ってこの先に行くのか、
26,000年後にもう一回やり直すのか、
今、突き付けられている選択のタイミング。
 
秋分を迎えるにあたって、
これ、「いっつも同じ話じゃない」って思うかもしれないけど、
それしかないから、同じ話をするんです
 
でも、そんなに簡単でいいんですか?って言うんだけど、
これからは、修行をやっちゃうと遠ざかっちゃうからね。
一生懸命頑張らない人が、努力をしない人が、
うまくいく時代が、これから始まりますから。
 
散々修行をやってきた人は、自分を認めてあげて、
もう簡単な道を選んでいいんだなって、決めてください。
 
目を醒ましていく時って、本当に、
眠ることよりも、全然簡単なんだっていうことが、明らかにわかるようになるの。

春分夏至秋分冬至は、ポータルが開くんですよ。
ポータルっていう、いわゆる向こうの世界を隔てている門があって、
秋分もゲート(門)が開きます。

そうすると、覚醒を促すエネルギーっていうのが、だーって流れてくるの。
だから、
秋分を迎えるまでに、
あなたはできるだけ
自分をクリアにしていればいいんです。
軽やかにしていればいいんです。
 
そしたら、その波がドーンってやってきた時に
その波ににスーって乗っかっていって、
勝手に意識が変わりますから。
 
秋分の前後3日間が、ポータルが開いている状態、
ものすごいエネルギーが流れている時ね、
その3日間が終わった後に、あれ、なんか私、変わってるわって、感じるはず。
 
でもそんな風に、準備が整っていれば、勝手に宇宙がやってくれますから。
だけど、それを選択するのは自分なので、これは、代わりに誰かがやってくれないんです。
 
 

 

 
 
でも、この呼びかけもそろそろ終わります。
なぜなら、再来年の12月21日の冬至までだから。
 
冬至(2021/12/21)までは、ちょびっとは開いてるからさ、
それまではこの話をしますけど、冬至を過ぎたら、
これはもう一切意味がないことになっちゃう。
だから、一切話しをしないです。
 
でもみなさんは、全然間に合うところにいる、
この時点でこの話を聞きに来ているのであれば、
ちゃんとあなたは通過してく人ですよね。
 
だれもが通過していくんだけど、

通過した後に、目を醒ましてくラインに乗っていくか、

眠り続けたラインに乗っていくか、これだけね。
でもここで、雲泥の差が出ます。 
 
 
(次回をお楽しみに♪)
 
#並木良和さん講演会 #並木良和 #並木さん #周波数 #秋分 #アセンション #次元上昇 #覚醒 #ポータル