Rubber-Green’s blog

前世療法 ヒプノセラピー 鎌倉 横浜 並木良和さん 

☆☆☆ヒーリングスペース【Rubber-Green】| 湘南・横浜・東京 |ヒプノセラピー・前世療法・インナーチャイルド| HP:Rubber-Green

★並木良和さん講演会⑩~秋分の日~★スペースシップのエネルギーに包まれシフトアップするワーク★

あのね、アシュタールってマスター、
まぁ、ワークをやっていたり、話をしていたりすると、
9割方、彼はやってくるんだけど、
このアシュタールというマスターがこう言ってくるんですよね。
 
つまり、このアシュタールって、
これから僕たち地球人が、
宇宙連合と呼ばれる、つまり、
本当に宇宙の存在たちで構成されている組織があるんだよね、簡単に言うと。
まぁ、惑星連合ですよね。
 

f:id:Rubber-Green:20190916090519j:plain

 

つまり、シリウスとプレアデスの提携とかさ、
シリウスとオリオンの提携とかさ、
といった部分で、
この惑星間が、協定の元、
ま、そこでは協定という言葉が正しいかわからないけど、
地球で知っている言葉でいうと、「協定の元」
グループを作っているわけね、簡単に言うと。
 
この宇宙連合というグループの中に、
これから地球は入っていこうとしてるんで、
この地球は、
ものすごいこの彼らのスペースシップに取り囲まれているように、
もう、この外に意識を向けると、
外って、地球って意味ね、
宇宙に意識を向けると、
ものすごい数のスペースシップが滞空してるの。

 で、秋分の日って言うのは、

このスペースシップの
エネルギーっていうのが、
もっとも
地球に近づく日
 
だって、彼は言うんですよ。
 
なので、皆さんは、
秋分の日になった時に、
 
(前日も?当日?
ー聞いている様子ー
 
秋分の日の当日、
前日、当日、次の日って、ポータルは開くんだけど、
彼が言ってるのは、「当日」。
 
この日に、
そのスペースシップのエネルギーっていうのが、
地球に近づいてくる
タイミングなんだって。
 
だからこの日に、みなさんは、
家でも職場でもなんでもいいんだけど、
秋分の日の、、、
 
(何時って、、、?そう言うと、みんな必死になると思うよ)
 
ーー会場笑いーー
 
(うん、うん、うん)
 
なんかね、意識するだけでもいいそうなので、皆さん、忘れずに記憶しておいて。
 
この秋分の日当日
 
(午前、午後どっち?)
 
午前11時11分です。
この11時11分に、
自分が座っている、
だからそれが職場かもしれないし、
家かもしれないんですけど、
そこに座って、自分のま、、、
 
(これね、ちょっと、上空からの、、、、うん、うんうんうんうん)
 
自分の、ずっとこの上空ね、
垂直軸のこの上空から、
もっのすごい、
光り輝いているスペースシップがスーって
降りてくるのを、イメージをするんですって。
 
で、イメージして、
あなたがそのスペースシップの中に包まれるのをイメージします。
 
つまり、降りてきたスペースシップの光、
球体をイメージしてもいいです。
それが降りてきて、あなたを包みます
 

f:id:Rubber-Green:20190916090719j:plain

 
そしたら、
あなたの中で、
あなたが主人公だから、あなたが決める必要があるので、
このアシュタールに、

「そのスペースシップのエネルギーを、私にもたらせてください」
 
っていう風に言ってください。
 
そうすると、このエネルギーを、
実際にスペースシップが来るわけじゃないですよ。
このエネルギーを降ろしてくれるので、
あなたは、そのエネルギーに包まれていきます。
 
あなたの心の中で、
準備が整った時に、つまり、
もう、この秋分っていうのは、
本当に加速する、シフトアップしていく、
すごいタイミングの時なので、
ここで
「シフト」って言ってください。
 
シフトって言うのは、
これ、シフトアップ、上がるっていう意味ね。
 
準備が整ったとこで、「シフト」って言ってください。
 
そうすると、このスペースシップが、
ものすごい勢いで、ぐっと上がります。
 
で、いくつもいくつも、
次元の層みたいのを見せてくるんだけど、
この、次元の層をいくつもいくつも、
バンバン、バンバン、突破していくのを見てください。
あなたが、このスペースシップの光に包まれながら、
次元の層をバンバン、バンバン、
いくつもいくつも、シフトしていんだって。
 
その度に、
シフト、シフト、シフト、シフト、シフト、って言って、
どんどん、どんどん、そこにシフトアップしていくっていうのを、
イメージして、見て、
体感するようにしてほしいんですって。
 
そうすると、あなたの中でもう、
あなたのハイヤーセルフがストップをかけるんですって。
「もう、ここまで」って。
つまり、あなたの今の状態では、
ここまでで、適当ですよ、っていうところまで、
シフト、シフト、シフト、シフトで上がってたら、
そしたら、そのシフトした先で、
そこでくつろいでいて下さい
 
で、あなたに取り巻いている、
スペースシップのエネルギーは、
スーっと離れていきますので、
 
アシュタールたちに「ありがとう」って、
感謝の気持ちを伝えて、
あなたはこの、何段階も上がってきたのを見てください
 
つまり地球が、
あなたの下の方に見えます。その時に。
 
シフト、シフトって言いながら、
あなたはパラレルワールドを、何層も何層も。
もっと言うと、
いくつもの地球を何個も何個も超えていって、
そして、ここまでやってきます。
 
これね、彼が見せてくるのは、
こういう螺旋(らせん)の階段みたいのを見せてくるんだけど、
階段じゃなくて、
螺旋のエネルギーの途中途中に、
いっぱい地球が見えるの、こうやって。
 

f:id:Rubber-Green:20190916091438j:plain

 
で、シフト、シフト、シフト、シフト、
シフト、シフト、シフトって言って、
 
あなたは、この螺旋状に、
波動を上昇させていくんですって、
このスペースシップのエネルギーに包まれて
 
でも、8段階、シフト、シフトって8回言った時に、
「あ、もういいや」っていうのが、やってくるんですって。
 
人によっては9回かもしれないんだよ、
3回かもしれないんだよ。
それは、ハイヤーセルフがそこまでって。
 
なぜなら、それ以上欲張って、
シフト、シフトって言ってみても、
その上がっていた波動域を
キープできないんですって。
 
つまり、自分がここまでだって感じているのに、
それ以上いってしまうと、
急激に下がっていってしまうんですって。
留まれないから。
 
だから、これを、やってみてください。
あなたの友人だったり、知人だったりに、伝えてあげたいなって思ったら、
伝えてあげてください。
 
それをやるか、やらないかは、その人の自由だから。
「えー、スペースシップって胡散臭い」
って思う人はやらないでしょうし。
「あ、やってみようかな」
これね、信じてる、信じてない関係ないですから。
 
スペースシップが存在しているか、
アシュタールが存在しているか、
本当に宇宙種族なんて存在しているか、って、
あなたが、全く知らなくても、
信じていなくても、OKだから、やってみてください。
ね、簡単でしょ。
 
ちゃんとアシュタールに言うんだよ。
 
 
「11時11分になったら、私にスペースシップのエネルギーを、もたらしてください」
 
そして、スーっとあなたの上空から、
スペースシップの光のエネルギーが降りてきて、
あなたを完全に取り巻きます。
 
そしたら、心の中で、
シフトしていく、
目を醒ましていく、
その先のアセンションへ向かっていく、
って、明確に決めて、
準備が整ったところで、
 
シフト、シフトってやる度に、
この螺旋の流れに点在している地球を、
シフト、シフト、シフト、シフトって、
あなたはどんどん、上がっていくんです。
 
で、上がっていったら、
そこで、眺めてみるんですって、下を。
こんなに上がってきたんだな
っていうのが本当にわかる、
って言う風に彼は言っています。
 
そしたらここで、
スーッとスペースシップのエネルギーが、
あなたから離れていくので、
そこで、アシュタールたちに
「ありがとう」
「たち」というのは、
アシュタールやアシュタールをサポートしている、
メンバーっていうのかな、簡単にいうと。

なので、
彼らに「ありがとう」と言って、
あなたはここで、
あー、目醒めた。
よく眠ったって、本当に背伸びして、
仕事を始めるなり、
家事を始めるなり、
やってみてください
 
で、もしその時間に、
それができないって、いるでしょ、
11時11分は、何だろう、、、
何かやってて、できないわって。
そういう時には、
それを意識するだけでもいいんですって。
 
その11時11分に、自分が、
アシュタールのスペースシップのエネルギーに包まれて、シフトしていく、っていうことを、
意識するだけでもいいんだって。
でもできれば、シフト、シフトって、
意識的にできたらいいよね。
なんで、これをぜひ、やってみてください。
 
(次はグレイのお話もあります♪)