Rubber-Green’s blog

前世療法 ヒプノセラピー 鎌倉 横浜 並木良和さん 

☆☆☆ヒーリングスペース【Rubber-Green】| 湘南・横浜・東京 |ヒプノセラピー・前世療法・インナーチャイルド| HP:Rubber-Green

★並木良和さん講演会⑫~秋分の日~★バシャール★宇宙は選んだものをバックアップする★過去に転生する★

だから、みなさんも、会ったら本当に友好的に。
手を振ったり、もしよかったら、私の下に降りてきてくださいって、言ってみてもいいよ。
その時、すーっごい恐怖が出てくるのがわかるから。
そんなこと言って、
私さらわれたらどうしよう、
グレイだったらどうしよう、、、
 
(続きはここからになります)
⇩⇩⇩
 
もう、ほんとだよ。
だってそういうのが、世の中で、テレビでいーっぱい放映されてるじゃん。
テレレ~レレレ、テレレ~♪
って、昔観てたでしょ。
そう言うのあったでしょ。
 
で、そうやってグレイとか、
すごいドーンって出てきてさ、
だって、バシャールだって
言い方変えると、グレイ種だからね。
 
ポジティブ側のグレイ、
あれが、バシャールだよ。
 
ネガティブ側のグレイと呼ばれている存在が、いわゆる、そういった生体実験とかをしたりしてるんだけど、
あれって、なんで生体実験とかしてるかって、知ってる?
 

f:id:Rubber-Green:20190918085458j:plain

 
もう本当はさ、皆さんの質疑応答の時間なんだけど、でも、ちょっと言っておくとね、
あれは、僕たちがこれからシフトしていくって言ったでしょ。
シフトしていくっていうのは、極化していくってことよ。
つまり、簡単に言うと、
目醒めというポジティブ側の地球と、
眠りというネガティブ側の地球へと
分かれていった時に、
あの、グレイというのは、
ネガティブ側の地球に流れていった、なれの果てなんだよ。
あれ、地球人だって知ってた?
 
僕たちが、ネガティブの地球を選んだ地球人の未来世なんだよ、言い方を変えると。
あの、データレチクル星人と呼ばれている、
あの、グレイ、グレイ種と呼ばれている存在は、
本当にそうなんだよ。
 

その存在たちは、行き着くところまで行っちゃって、

だって、選んだものをずーっとバックアップしてくれるって言ったじゃない。
 
あなたが目醒めを今回選んだなら、
目醒めをずーっと宇宙は加速してバックアップしてくれるから、
どこまでも目醒めれるのよ。
 
でも、眠ると眠りをどこまでもバックアップするから、
この眠りの眠りの眠りの果てに、彼らはあまりにも苦しかったわけよ。
この地球で生きるのが。
 
だって、このネガティブって散々体験していること、
このネガティブさをもっと増して体験していくんだよ、この眠りを選んでいるから。
 
もう苦しくて、辛くて、どうしたらいいんだろう?
この感情からどうやって逃れたらいいんだろ?
 
って、彼らは感情を切り離すことに成功したんです。
だから、彼らには感情がないの。
グレイには感情がないんだよ。
 
なぜなら、あまりに自分が体験している現実が辛くて苦しいので、
これを体験するのは、もう無理!って
感情を切り離すことを、選んだからです。
 
でも、それが間違いの素だった、
っていうことに、彼らは気づいたのよ。
 
だから、それをもう一回取り戻すためにはどうすればいいだろう、って知恵を出したときに、

そうだ、分岐する前の地球に戻ってきて、そこで、もう一回何らかやり直す道を模索することができたら、自分たちの未来を変えることができるかもしれない。
 

f:id:Rubber-Green:20190918090821j:plain

 

って言って、それで今ここにやって来て、いわゆる生体実験みたいなこととかやってるんだよ、実は。
 
だから、あれは、何か宇宙の存在、宇宙人で、自分たちを違う存在じゃなく、
 
ネガティブ側を選んだ地球人の
先の姿なんです。
 
でそれが、今、タイムラインを超えてここにやって来て、分岐する前にやってきて、
これで、ここから、もう分岐しちゃうじゃない、だから、その前に何とか、、、ってやってるんだよ。
 

f:id:Rubber-Green:20190918092525j:plain


だから、言い方を変えると、
もうこれね、時間軸って言うのは、
一直線につながっていないから、

過去→現在→未来
 
ではないので、本当にそういうことが起きるんですよ、時間軸を吹っ飛ばして。
 
だから、あなたは未来の先の心配をするとき、実は、この自分がネガティブ側を選んでいった先を、見ている場合だってあるんだからね。
 
言っている意味わかる?
 
あなたがこの未来世では、ネガティブ側の地球に居て、そこで、すっごい苦しみを体験していて、その経験を持って、あなたはここに転生してきているってことだってあるんだよ。
 
ついてきてる?
 
ごちゃごちゃになってない?
 
「って、未来なんですよね?」
「そうだよ」
 
僕たちは今、2019年を生きてます。
あなたが次に生まれ変わるときに、
1964年に生まれ変わることだってあるってことです。
 
「え?2019年に生まれてるってことは、2019年以降に生まれるんじゃないの?」
 
って、みんな思うでしょ、違うんです、本当に。
だから、そういう部分で、
すーごい大切な時間を今生きていて、
タイミングを迎えていて、
さぁ、どうするどうする?
本当に今迫ってるよって、
 
だから、こうやって焦るんじゃないのよ。
 
「よし、私は覚悟を決めよう」
「じゃ、私は今回はちゃんと目を醒ましていこう」
「ん?やっぱりそれも一つの経験だから」

って言って、目を醒まさないで、眠り続けることを選択したって、
もちろんこれは、個人の自由なんですね。
 
だけど、今みなさんは、
もう、間もなく、ゲートが閉じようとしているこのタイミングで、話を聞いているってことは、

もう本当にあなたは、目を醒ましていくってことを
決めているからこそ、聞いている。
 
だってこんな話、眠る人は聞く必要ないもの。
ま、眠るっていう覚悟を決めるために(笑)
聞く人もいるかもしれないけどね、それは、わからない、色んな人がいるから。
 
「いや、そんなことないでしょ」って、
「そんなことありますよ」って言う人もいるから。
 
ねっ、だけど、
 
多くの人たちは、目を醒ましていくって決めて、ここにやってきているから、
今日を機会に、もう一回、
自分に問い直してみるっていう機会にしてみてください。

ということで、そろそろ終わりになっちゃうんだよね。
ちょっと、ここで質疑応答したいと思うので、

いいですか?指しちゃって?
(主催者さんに聞く)

f:id:Rubber-Green:20190918092351p:plain

 
(次はとっても役に立つ質問タイムです♪)