Rubber-Green’s blog

前世療法 ヒプノセラピー 鎌倉 横浜 並木良和さん 

☆☆☆ヒーリングスペース【Rubber-Green】| 湘南・横浜・東京 |ヒプノセラピー・前世療法・インナーチャイルド| HP:Rubber-Green

★変化を恐れるな★人はジャッジがお好き♡★シンプルで行こう★並木さんの言う「一喜一憂」★

変化する、変わってしまうことより、

そのままでいること、維持し続けることを選ぶ人がいます。

こうして書いてみると、

維持し続けるって、素敵な響きに聞こえます。

でも、それってかなり不自然。

昔の人も言うじゃない。

諸行無常」って。

 

先日の台風で、近くの公園の大きな桜の木が倒れ、

根っこを見せながら、公園のグラウンドに横たわっていました。

その桜は、春はきれいな花をつけ、

夏には木陰となり、秋には落ち葉で土を潤わせ、

冬はリスの遊び場でした。

それを思い出すと、切ない気持ちになりましたが、

その桜の木は、永遠にそこにあるものだという前提、そして被害と呼ばれるものは、悪いものだと捉えていると、

その出来事へのジャッジが始まります

 

f:id:Rubber-Green:20190921074821j:plain

 逆のことで言えば、

例えば自分にパートナーができたとします。

ずっとこのまま一人なのかも…

という不安や孤独感から抜け出し、幸せな気持ちになったとします。

それは、さっきの桜の木と違い、良いこと、happyなことだと捉えると思います。

 

でもこの二つは、単なる出来事であって、

それが良いこと、悪いこと、

自分にとって都合の良いこと、悪いことと判断されると、

比較や争いや執着などの、ネガティブな感情が生まれますよね。

 

物事はすべて起こるべきして起こっていて、それらはすべて完璧なんだと思えると、こう、上がったり下がったりする感情、波動ではなく、

フラットな見方、捉え方をし始めて、

並木さんの言う、「一喜一憂」しないようになるのだと思います。

 

これは物事の大きさも関係がないのだと言えますね。

日常の小さな一コマで言うと、

例えば、渋滞に巻き込まれてアポに遅れてしまったら、

そのお陰で事故を回避できたのかもと思ってもいいですが、

信号はただ順番に赤になったり、青になったりしただけですもんね。

 

また、大切なペットが亡くなったとします。

私にも大切で大好きな猫がいます。

だから気持ちがまだ揺らぐのですが、

これも、自然の流れです。

永遠に生きていたら、化け猫です( ´艸`)

だから、毎日出し惜しみなく愛を注ぎます。

 

これは、パートナーや子供にも言えますね。

いつもそこにいて、いなくなるなんて思わないから、そっけない態度になったりします。

でも、変化は当たり前。

人はいつか肉体から離れ、死んでいきます。

だから、私はいつも主人に我慢せず、思いを伝えています。

これは、それに気づいた20才頃からずっと続けています。

好意的な気持ち、嫌だと思ったこと、こうしてほしいが、あなたはどうか?

などなど。

だから付き合いを始めてから、もう27年になりますが、毎日話したいことがたくさんあって、帰りが待ちきれず駅まで迎えに行きますし、

幸せだと言うことを伝え、そして感謝の気持ちが後から後から湧いてきす。

でももしお互いに何かあったとしても、

例えば、パートナーシップを終わりにするとか。

そうなっても、それは思いっきり応援できます。

全ては完璧だと思っているし、幸せをもらってると思ってないからです。

私の幸せは自分で作っている。

地産地消みたいな( ´艸`)

f:id:Rubber-Green:20190921074944j:plain

でも、最初からそんな風には思えませんでした。

彼から幸せをもらっていると思ってました。

そう思うと、執着から、

この人がいないと私どうなっちゃうの?という恐れに変わり、

恐れは色々な形に変化していくこともありました。

執着だったり、偽装だったり。

そうすると、変化した怒りの対象を、

張本人へとぶつけて、めっちゃ複雑になりました。

それで、なんか面倒になって(*´з`)

もう、シンプルに行こう!って。

 

複雑になるのが、面倒だからって、

自分を押し殺して我慢している人、たくさんいると思います。

私さえ黙っていれば、従っていればって。

 

でも、それはもっと複雑さを増していっちゃうことも、きっとどこかで分かっているんだと思います。

でも、そんな人こそ、この地球での人生を真面目に、真剣に取り組んでいる人なんだと思います。

 

地球は、大きく変化する時に来ています。

f:id:Rubber-Green:20190921075259j:plain

これは、学校でも教えてくれなかったし、

回覧板でも回った来なかったし( ´艸`)、

テレビなんかでも報道されてないから、

そんなこと知らないよー!って思うかもしれないけれど、

これも公平な目、心でいると、

たっくさん情報が流れていることに気づくと思います。

 

なんか、早苗ちゃん、最近スピリチュアルなことばっかりで、

なんか、早苗ちゃん、大丈夫?とか、

そう思わず、(思ってくれても全然かまいませんが( ´艸`))

 

へー、地球って三次元から五次元に変わるんだ。

へー、地球って変化のタイミングなんだ、面白い。

とか、フラットな状態でいると、

こんなに情報が溢れているんだ、ということに気づきますね。

 

単なる進化のプロセス、変化のひとつ。

昭和から平成、平成から令和に変わるみたいに、

物事の大きさという比較目線から外れてみてください。

 

地球も軽やかに変わるときなんです。

じゃあ、どうすればいいの?っていうと、

ただ、軽やかになればいいんです。

重荷を降ろして、上がっていく気球のように

f:id:Rubber-Green:20190921074709j:plain

 

もっと、詳しく!

そこを、もうちょい、グイグイっと詳しく、は、

また次回に♪