Rubber-Green’s blog

前世療法 ヒプノセラピー 鎌倉 横浜 並木良和さん 

☆☆☆ヒーリングスペース【Rubber-Green】| 湘南・横浜・東京 |ヒプノセラピー・前世療法・インナーチャイルド| HP:Rubber-Green

★自分軸から他人軸へ★迷子はすぐには戻れない★自分の世界の他人の法律★

前回の続きです♬

 

www.rubber-green-kamakura.com

 

私は、Bさんからの信頼を得るために、Bさんの求めることをやりだしました。

それは何かというと、

具体的な話になりますが、編み物の講座に通い始めたのです。

 

私はその頃、ニット教室を主宰していました。

でも、資格も何もありません。

そして、来てくださっていた生徒さんに

「どこで編み物を習われたのですか?」

と聞かれました。

「自己流ですよ」

と答えましたが、それがBさんには不満のようでした。

f:id:Rubber-Green:20191004192253j:plain

私は、編み物を教えるのに、資格がいるという世界に住んでいませんでした。

自分が使っていて、これはいい!

と思うものを、ただ純粋に編んでもらっていました。

 

でも、Bさんの一言は私の軸を揺らし始めました。

そして、私の世界に新しい法律が加わりました

 

それは、

ニット教室をするのなら、

資格をとらなければならない

というものでした。

 

そして、学校に通い始めました。

それは、とても苦しいものでした。

私にとって修行のような、苦しさでした。

課題は私のセンスに合わず、編んでいても楽しくない。

ただお免状を頂くために、ひたすらこなす作業。

出来上がった達成感も、本物ではありません。

 

そして、お免状をもらい、

これで自信をもって教室を運営できる!と思っていました。

 

そして、そこで習ったことを活かさなければと思い、

習ったもので作品を作ってみるのですが、全然よくない。

ハッキリ言うと、ダサいのです。

そして、ここをきちんと編むこと!のような、厳しさも出てきて、生徒さんはどんどん離れていきました。

当のBさんはとういうと、一度教室に来て以来、姿を消しました。

 

自分のデザインができなくなり、

更には生徒さんも減り、

私はまだまだ、上の資格がないとダメだんだ!

と自分の至らなさを恥じました。

 

そして、また学校に通い始めました。

 

迷子はさらに、森の中へと

迷い込んでいったのです。

f:id:Rubber-Green:20191004192333j:plain

 

続きは、また今度♪

 

お読みいただきありがとうございました♪