Rubber-Green’s blog

前世療法 ヒプノセラピー 鎌倉 横浜 並木良和さん 

☆☆☆ヒーリングスペース【Rubber-Green】| 湘南・横浜・東京 |ヒプノセラピー・前世療法・インナーチャイルド| HP:Rubber-Green

★自分軸の正体★迷子からの生還★自分の人生に責任を持とう★

前回の続きです。

www.rubber-green-kamakura.com

 

そして、二つ目の資格が取り終わり、

よしこれで、自信をもってやっていくぞ!と気持ちも新たに再スタートしました。

 

こんな編み方があるんだよとか、

珍しい技法があるんだよとか、

私はちゃんと学校を出たからねとか、

そんなことを知ってもらいたくて、その考えを中心にデザインしていきました。

 

でも、何度編んでもしっくりいかない。

学校のテキストを何度もめくり、

その中から模様を選んで、組み合わせてみたり、

でも、気に入らない。

何か、ダサいんです。

 

自分が気に入らないものを提供するわけにもいかず、

迷子は森の中で、膝を抱えて考えました。

f:id:Rubber-Green:20191005160729j:plain

そうか!

資格をとる講座をすればいいんだ。

そうしたら、その講座のテキストを使って教えればいいから、

自分で考え出す必要はないし、悩まなくなる。

その為には、まずその講座の資格をとって、講師になる必要があるな。

よし、資料を取り寄せよう!

 

そして、迷子は森の中で迷子になってしまったことも忘れて、歩き出しました。

楽になりたい。

その一心で。

 

 

そして、また違う分野の講座の資格をとり始めました。

新しいことを学ぶのは楽しかった。

何より、頑張っている感があって、充実した気持ちになっていました。

でも、何か違う、何か違う、

と、ウルトラマンの胸のボタンみたいのが、ピコン、ピコンなっているのような、落ち着きのない感覚を感じていました。

(でも、それには気づかないフリをしていました。)

 

もう歩き始めてしまったし、後戻りはしたくない!

でも、なんでモヤモヤするんだろう…

f:id:Rubber-Green:20191005155323j:plain

 

そう思って、今度は、

自分が歩いている道が間違っていないか?を、探り始めました。

その講座の講師をしていて、喜びを感じている人の話とか、

学ぶことは素晴らしいことだとか、

自分でやりたいことを見つけて進んでいるのは、独立していてカッコいいとか。

そんな記事を、小さなスマホの画面の中で一生懸命探していました

 

大丈夫。自分は間違っていない。

そう確信できる何かを、来る日も来る日も探していました。

 

グルグルと同じところを行ったり来たり、

進めないもどかしさで、不安でいっぱいになったころ、

 

あれ?私は何でこんなことしてるんだっけ?

 

と、やっと気が付きました。

 

もう遠い遠い記憶になってしまった何かを引っ張り出して、思い出していきました。

 

そうか、私は自分のいいと思ったものを、提供したい。

それだけだったんだ!!

 

なのに、なんでこんなところにいるんだ?

笑っちゃう。

ほんっと、笑っちゃう(≧▽≦)

 

と笑った瞬間、目の前がぱぁ~っと明るくなり、

目が覚めた!そんな感じでした。

 

そして、レッスン再開!

アイデアがどんどんわいてきて、

自分がいいと思うものを作っていきました。

 

来てくださっている生徒さんの顔が、時々浮かび、

Cさんはこんなものがいいと言うかも。

Dさんはあれが似合うかも。

と考えが浮かんでは、違う、違う!!

と首を振り、私は私がいいと思うものを作ろう。

だって、あの人この人なんて考えてたら、もうキリがない!

私のところに来て下さる人は、

みんな私の作るものが好きで来てくれるんだから💛

だって、私の世界には、

そんな人しか住んでいないから♪

 

そうして迷子は、

しばしの寄り道を楽しんで、

自分の世界へ生還しました。

 

とは言っても、この寄り道は一度や二度ではありません(;´Д`)

でも、もうたくさん寄り道を楽しみましたので、これでおしまい。

 

自分の世界は

自分で創っていく責任感

 

それは、厳しい言葉に聞こえますが、楽しいものです。

私の世界には、

私の好きな人しか住んでいないし、

私のことを好きな人しか住んでいない。

だから素敵な人ばかり。

 

自分の世界に自分がいなくなった時、

それは「他人軸」

となる。

 

自分の世界に私はひとり。

私が決めて、私が生きる。

f:id:Rubber-Green:20191005160514j:plain

それが、

私の世界の「自分軸」

なのかもしれません(^^)

 

お読みいただきありがとうございました♪