Rubber-Green’s blog

前世療法 ヒプノセラピー カウンセリング 鎌倉 横浜 東京

湘南・横浜・東京 |ヒプノセラピー・前世療法・インナーチャイルド| 並木良和さん 早川千春さん

【前世療法セッション㉕】★前世はシャーマン★源が現れた★あなたは完璧な存在★目醒めるためにすることは?★

2019年10月 佐藤さん

 

佐藤さんから予約のご連絡をいただいた時、私は何のためらいもなく、お受けいたしました。

そして、お受けした後よく考えてみると、

私は、知り合いやご紹介以外は、いつも男性からのご予約はお断りしていたんです。

(その時点で3名の男性からのご予約をお断りしていました)

なのに、佐藤さんへは「私の発信をキャッチしてくださり、ありがとうございます」と返信していたのです。

不思議でしたが、そのままセッション日(一か月以上先)を迎えました。

 

セッション日の朝、佐藤さんはどんな方なのか?と瞑想してみました。

すると、こんな様子が出てきました。

 

砂漠に4人の男がいる。

その男らは、病院で使う担架のようなものを運んでいた。

それは、四角い大きな布の四隅に持ち手となる木の棒がついていて、簡易的なものだけれど、そのために作られたように、新しかった。

その担架のようなものの上に、佐藤さんらしき人が座っていた。

落ち着いていて、覚悟が決まっているような、そんな顔つきだった。

どうやら宗教的(もしくは政治的)な関係で、佐藤さんは流刑地へ運ばれているところだった。

手足などは縛られていない。

歩かされてもいない。

ただゆったりと運ばれていた。

 

私は目を開け、ふと思いました。

落ち着いていたな。

それに、全て知っているような、そんな感じだったなぁと。

----------------------------

そして、セッションはスタートしました。

佐藤さんには、いつものように「今抱えている問題、解決したい事」と「このセッションの目的、叶えたい事」などを書いてもらいました。

 

「今抱えている問題」欄には、

・お金(収入を増やす)

「セッションの目的」欄には、

・魂のミッションを思い出す、本来の自分と一致して生きる

と書かれました。

数秘は、「11・6・1」

スピリチュアルな数字が並んでいて、

イオニア的に行動し、リーダーシップを発揮していくことを目標にしている数字です。

ということは、その資質を持ち合わせているということです。

そして話を伺ううちに、違和感を感じてきました。

それは、お金の話をすると、仮面を被るというのか、無理しているように感じたのです。

 

----------------------------

(今思い出す必要のある前世)

私は男性で、縮れた茶色い長い髪はおろしていて、ゆったりとした絹のような、オーガニック素材の服をまとっている。靴は履いていない。

テント式の家、土、霧、が見える。

私は35才くらいで、パートナーがいる。

ここは、オランダで、私はシャーマンのようです、

 

f:id:Rubber-Green:20191220085721j:plain

森の中で儀式をしている。

火を焚き、精霊を降ろす。

 私は深いトランス状態の中、青白い火を感じている。

土地の浄化。

スッキリとした光が注がれていく、

このやり方は、聞いたものもあるが、オリジナルであり、受け継がれたものでもある。

静かに火を焚く。

呪文を使う時もある。

 

精霊は白いエネルギー体で、手を組んでいる。

キャスパーみたい(笑)

頭は雫みたいで青白い。

その精霊と共同で浄化を行っている。

彼らは呼ぶと来て手伝ってくれる。

人の浄化も行うことがある。

私はチューナー役、つなげる役。

 

(重要な場面へ)

私は迫害というのかな…

いわれのない事を言われているが、焦ってはいない。

ある人に頼まれて浄化をしたが、その人の思ってる感じじゃなくて、責められている。

除霊、浄化を頼まれた。

その人は相手を変えたいと思っていたみたい。

私は魂をキレイにすることをしただけ。

お客さんとの認識の不一致はよくある。

 

 

(師匠との場面)

室内の囲炉裏の前で話している。

師匠は剥げていて、エネルギーの高い人(現世の父)。

仲もよく、質疑応答のような話をしている。

師匠とは噂を聞いて、20代の頃に会った。

 

 

(最期の場面)

湖畔の小舟に乗っている。

死をわかっていて、ただそれを待っている。

70代~80代。

魂はそのまま光の中へ…一旦源のところへ行ったみたい。

面白かった人生だった。たくさん遊んだ。

パートナーにも、自分の力も満足した。

やりきったなぁ。

私は優しくていい人、囚われのない人だった。

次の人生はもっと楽しいことをして、遊んでみよう。

使っていた能力は、もう内在して繋がっている。

いつでも使える。

もう全て備わっている。

----------------------------

 (魂のミッションを思い出すための前世)

 静かな湖。

f:id:Rubber-Green:20191220085810j:plain

 

透き通って、波ひとつ立っていない。 

 性別がない、あるけどない…中性的な存在。

湖の上に軽く浮いて、瞑想している。

座禅のようにしてる。

宇宙人なのかな…100才は超えている。

あ、500才くらいなのかな。静かな印象。

「無」「静寂」「源そのもの」

そういう瞑想をしている。

全てがあり源そのものという感じ。

ここは地球じゃなく、水星のような感じ。

地球と比べるとかなり高い次元。

今現在も私はそこにいる。分身みたい。

 

私もその存在を見ることができました。

とても穏やかで、在るようで無いような、その存在の「目」を拝見したくなり、

佐藤さんにお願いし、半分開いている「その目」を開いていただきました。

 

透き通った水色の瞳は、

まるで宇宙のようでした。

f:id:Rubber-Green:20191220090156j:plain

その存在と対話をしてみました。

 

 

私)はじめまして

存在)こんにちは

 

とても感激しています。

あなたはそこに長くいらっしゃるんですか?

 

1000年ほど

よく来てくれました

 

地球はアセンションに向けて、色々な次元が入り混じった人たちがいます。

次元上昇を考えている人たちへ、メッセージをお願いします。

 

大いに楽しみ遊んでください

何も怖がる必要なないですよ

あなたのそのままで完璧です

完成されていて 完全です

そして自由にもっと自由にしてください

あなたの魂はもっと輝く魂です

それを思い出してください

 

「不足感」を感じる人たちへメッセージをお願いします。

 

ふふふ

大丈夫ですよ

求める必要はないんですよ

あたな自身へ帰っていくだけです

認め、許し、受け容れて

そのままの自分を愛してあげてください

大丈夫ですよ

あなたは本当に素晴らしい存在です

誰一人として素晴らしくない存在などいません

みな等しく本当に素晴らしい存在です

それは想像を絶する、素晴らしい存在です

あなたが想像しきれないくらい、素晴らしい存在です

それをこれから思い出してください

大丈夫です

自然に思い出していきます

 

 

佐藤さんの魂のミッションについて

 

彼はもう思い出しているので大丈夫です

どんどん自由に気づいていけます

それは自然にそうなっていく

進んでいく…

本当は進むところもないのですけど

任せます

あなたに全部任せます

自分の責任、自分の力、わかりやすくいうと

自分の責任においてそれはなされます

けれどあなたは責任を負う必要はありません

安心して身を任せて進んでいってください

 

 

源と繋がるには?

 

一人一人が本来の自分を思い出していくこと

自然にそうなる時にそうなる

しようとしてなる時もあれば

ならない時もある

任せる

全ては完璧です

手放して任せていくこと

----------------------------

さらに佐藤さんの所縁のある星へ誘導いたしました。

私はその雰囲気を知っているように感じました。

これは、あくまで私が感じたものですが、

そこはシリウスのようなところで、

地球で言う医療団体のようなセクションでした。

佐藤さんはそこのトップの方で、周りにはたくさんの研修生がいました。

みんなに慕われて中心にいました。

そして、白い煙のようなものが立ち込めており、

その煙も医療(エネルギーの調整)に使うのだと感じました。

セッションを終え、私は感じたことを話しました。

 

「お金の意味がわからない」ですよね?

と聞くと、笑って話してくださいました。

「前から、なんでお金に躍起になっているのかなって。別にいいじゃん、別に大丈夫だよねって。」

 

やっぱり(*´з`)

「今抱えている問題」欄の

・お金(収入を増やす)

は、人間的にはこれを書くべきなのかな?という、とってつけたような感じがありましたから( ´艸`)

 

「コミュニティとかは作らないんですか?」

(今までもその中心にいたような感じがする)

 

 

今世でもやってきているんですよ。

生徒会とかね。

 

「それがお金に繋がると思うんですが。エネルギを回していくことというのかな」

 

はい、これから作っていこうと思っているんです。

 

----------------------------

そして、佐藤さんとは同じ考えを持っていることを感じました。

 

目醒めは、当たり前に起きると思っている。

だから、それに向けて何かをしなければいけない、ということはない。

してもいいし、しなくてもいいと思っている。

現実はどんな状態でも、完璧だと思っている。

本来の自分に一致するも何も、もう既にここにいるということ。

 

佐藤さんと私は、

今までもご縁のあった方だったんでしょう。

(佐藤さん曰く、兄弟姉妹だったですね、と。)

このセッションは、お互いのエネルギーの交換をし合ったように感じました。

本当にありがとうございました♪

 

佐藤さんのブログです。

佐藤さんのセッションのことも掲載されています。

魂の目醒めの伝授は、すっごいみたいです♡

まぁ、あれだけの高次元の存在の分身ですから、

そりゃ、すごいと思います。

会うだけで、クリアになるんじゃないかなと思います!

⇩⇩⇩

ameblo.jp

 

ヒプノセラピー、前世療法の

ご予約はこちら

⇩⇩⇩

https://www.rubber-green.com/

greenbocco@gmail.com

 

2020年1月は、

20(月),23(木),27(月),30(木)が、まだ空いています🎵