Rubber-Green’s blog

前世療法 ヒプノセラピー 鎌倉 横浜 並木良和さん 

☆☆☆ヒーリングスペース【Rubber-Green】| 湘南・横浜・東京 |ヒプノセラピー・前世療法・インナーチャイルド| HP:Rubber-Green

★満たされない思い★自分の方向性を考える★無価値観と孤独★前世の自分を救い出せ★自己犠牲の上の学び★

2020年1月 三村さん(仮名)


肉体面から人を癒すお仕事をされている、三村さん。

「楽になった」「助かった」「救われた」と思ってらえたら(^^)と、

今も色々な技法や知識の習得のため、勉強をされています。

そして、いつもフラット、ニュートラルでいたいと。

そんな中、「自分がどういう方向へ進んでいったらいいか?」を悩んでいらっしゃいました。

そして、人の目が気になること、喉や皮膚の荒れなどを話してくれました。

 

お話を伺っていくうちに、「満たされない思い」を感じていて、もしかしたら「自分が救われたいのかも」と。

そして、その奥底に「孤独感」が潜んでいるようでした。

 

----------------------------

前世へ誘導すると、黒い編み上げブーツを履いた、赤いワンピースの8才の女の子(三村さん)が、弟(現世の息子)を探していました。

弟はよく友達にいじめられて、隅っこにうずくまって泣いているんだそうです。

それを探して、手を繋いで帰る優しいお姉ちゃんのようでした。

f:id:Rubber-Green:20200111160256j:plain

 

弟の他に、職人のお父さん、遊び歩いているお母さん、外に働きに行っているお兄さんがいるようです。

 

いつも家にいないお母さんの代わりに、家事全般をして暮らしている10才の時、仕事の事故でお父さんが亡くなってしまいました。

それをきっかけとして、いつも泣いてばかりの弟が、「僕もがんばらなきゃ!」と泣かなくなったそうです。

けれど、お姉ちゃん(三村さん)は、弟が心配で結婚もせず、ずっと弟を気にしているようでした。

「また、泣いてるんじゃ?」って。

そして、亡くなった後には、「単調な毎日。家事と弟を守らなきゃ、という思いばかり。もっと外に出たかった」と。

 

----------------------------

さらに別の前世へと誘導すると、

淡々と戦士の訓練をしているヨーロッパあたりの、18才の男の子が現れました。

槍を持ち、仲間と戦いの訓練をしているようです。

父母は生まれた時からいないようで、父の兄(叔父)と、同じく戦士の弟(現世の息子)と暮らしているようでした。

 

そして戦場のシーン。

敵に襲われ、倒れている人がいっぱいの中、三村さんだけが生き残ったようです。

茫然とその場面を眺める三村さん。

そして、すぐ弟を探しに行ったそうですが、亡くなっていたようです。

悲しみにくれながら、森に弟を埋葬したとのこと。

 

その後、指揮官になったものの、幼い子供を助けようとして、刀で切られ最期を迎えた三村さん。

魂になって弟を探しますが、そこは赤黒い世界。

恐怖で悲鳴が聞こえていました。

その後弟の魂と再会し、笑顔になりました…。

---------------------------

 

けれど、どうして、三村さんは家族のために、自分を犠牲にするような人生を送ってきたのでしょうか?

 

--------------------------

(その原因となる前世へ誘導)

人がいっぱい寝ている。ここは病院です。

場所は中国で、私は医者です。

患者が次から、次へとやってくる。

私は、いっぱいいっぱいになっています…。

伝染病が原因のようです。

時代は、「500」という数字が浮かんでくる。

500年前なのか?西暦500年頃なのか?というところです。

 

家族は、優しくて私を支えてくれている妻(現世の夫)と、息子(現世の息子)と、娘(現世の娘)がいる。

とても幸せだ。

私は人を救い、痛みを緩和させてあげたいと、医者になった。

 

ある日、いつも元気な息子が倒れた。

発熱と体中にブツブツがでている。

とても苦しそうにしている。

薬草を塗布したり、飲ませたり、あらゆる治療をしたが、息子は亡くなってしまった。

その後、娘や妻だけでなく、村の人々が同じ症状で、次々と苦しみ亡くなっていった。

 

助けられなかった。

いっぱい亡くなった…。

遺体は全て私が火葬した。

 

(その後)

本に囲まれている。

救う道はなかったのか?と、飲まず食わずでずっと調べている。

もっと、もっと、学ばなければ!と。

そして私は、そのまま衰弱をして亡くなりました。

 

(魂の存在)

空から村を眺めています。

「誰もいなくなった…」と。

 

(家族や村人の魂と再会)

みんな笑っています。安心した。

苦しんでいなくて、本当によかった。

 

けれど、もっと自分にできることはあったのでは?と。

助けれらなかった無念さが強く残っている。

「普段からもっと観察し、勉強していたら」と。

 

--------------------------

三村さんは、医療従事者として、救えなかったことをとても悔やんでいました。

もっと早く気づいていたら…

もっと自分に知識があったら…

無力感、無価値観、罪悪感でいっぱいだったのでしょう。

それを、手放していきましたが、まだ少し残っているように感じました。

それを聞くと「はい、まだ残っています。でも…」と。

それを、無力感ベースのばねではなく、

ただみんなを元気にしたいというポジティブなばねとして、さらには自分のためにも持っておきたいと。

--------------------------

翌朝、前世のお医者さんから、私へメッセージがきました。

それを、三村さんへメールしました。

⇩⇩

人を治すということに、人生を注いだが、何も見つけれらなかった。

学び続けたのは、自らの病(心の葛藤)の投薬のようなものだった。

あなた(三村さん)の口から私の想いが発せられた。

もっと早く気づくこと、注意を払うこと、変化に気づくこと、それが何より大切なことだと。

変化に気づくためには、心を冷静に保つことが大切だが、それは心をなくすことではない。

絶望感を拭い去ることを、まだ自分に許せていないが、あなたを見ていたら、なぜかふと、肩の力が抜けた。

時間はかかるが、こんなにも医療が発達し、医療に携わる人が増えたことが嬉しい。

私の息子は笛(竹でできた細い笛)を吹くのが、とても上手だった。

もっと聴いていたかったが、あなたにはそれができる。

そして、私に医療の話をあなたから聞かせて欲しい。

どんな世の中になっているのか?

 

ずっと伝えてくるので、一旦ここで(;´Д`)で伝えると、

⇩⇩

手を当てることで、人の痛みはとれるが(レイキのようなことらしい)、それはとても一時的だ。

 

と。そして私が「今は自分でエネルギーを流したりする人も増えたこと」を伝えると、ニヤリと笑いました。

そのお医者様は、そういう話がしたくてたまらなかったようです(^^)

そういう仲間が欲しかったようです。

 

三村さんには、夜寝る前にでも、

その方に、今の医療のことを話してさしあげてください♪とお伝えしました。

 

三村さんの強い意志を拝見させたいただき、本当にありがとうございました★

 

 

--------------------------

人は学び続けることで、不足感や不安感を埋めることがあります。

そこには、『大切な誰か』を救えなかったという、無力感や孤独感、自責の念が隠れているのかもしれません。

 

けれど、そこに「自分」は含まれていますか?

溺れかけた船で助けに行っても、助ける人が増えることになります。

どうか、まずは自分を助けてあげてください

「助けにきたよ」と言って、自分を助けてあげてください。

 

ホームページです♡

⇩⇩

https://www.rubber-green.com/