Rubber-Green’s blog

前世療法 ヒプノセラピー カウンセリング 鎌倉 横浜 東京

湘南・横浜・東京 |ヒプノセラピー・前世療法・インナーチャイルド| 並木良和さん 早川千春さん

★埋もれた記憶その①★トラウマ★インナーチャイルド★手放しきれない何かとは?★自分を受け容れるとは?★

このブログをお読みいただいている方は、スピリチュアルなことには抵抗がない方かな?と思いますが、

そうでない方でも、一度は「トラウマ」という言葉は聞いたことがあると思います。

 

今日はその「トラウマ」についてです。

f:id:Rubber-Green:20190922074658j:plain

 

★埋もれた記憶・トラウマについて★

 

Wikipediaでは、

---------------------------------------

心的外傷(しんてきがいしょう、英語: psychological traumaトラウマ)とは、外的内的要因による肉体的及び精神的な衝撃(外傷的出来事)を受けた事で、長い間それにとらわれてしまう状態で、また否定的な影響を持っていることを指す。

---------------------------------------

とあります。

誰かに言われた一言にひどく傷ついて、大人になった今でもそれに囚われていたり、

親から受けた暴力によって、今もそれを許せず苦しんでいたり。

 

 

そのまま放置されてきたトラウマ(インナーチャイルドは、

体の中で、結構大きなエネルギー質量を持っていると言われています。

 

ゆえにトラウマや埋もれた記憶を持っていると

それらを抑え込むために

常に定量の精神エネルギーが

消費されているということです。

 

トラウマの記憶が解放されると

潜在意識で使われていたエネルギーが

顕在意識で利用できるようになるので

日常生活、仕事や勉強などがスムーズになり

モヤモヤがとれたりします(^^)

 

インナーチャイルドを癒すこと(インナーワーク)は、エネルギーが心地よく循環されることに繋がるということですね(*´з`)

 

私は、そのトラウマは今世の幼少期だけでなく、

さらには過去世からも持ってきていると、思っています。

---------------------------------------

ここからは、私の話になりますが、

私はインナーチャイルドという言葉を知らなかった、10代後半、

意味もなく悲しくなり、惨めな自分がみっともなくて、洋服を買いに行くことが怖くてできなかったことがあります。

「あんなみすぼらしい子に、その服が似合うわけないでしょ」と、定員さんに言われているような気がして。

f:id:Rubber-Green:20200127115727j:plain

 

そして、親に頼っている同僚や、親子で仲のいい姿を見ると、胸の奥から「これでもか!」というくらいの不快な感情がわいてきて、八つ当たりしたり、その子の悪口を言って憂さ晴らしをしていました。

 

もちろん、そんなことをしている自分が嫌いになり、一人暮らしの部屋で、毎晩毎晩、ノートに自分の本当の想いを書きなぐっていました。

 

うらやましい、ずるい、甘えてる、頼るな、自分の意思はないのか…

という、相手を批判する気持ちから、徐々に変化していきました。

 

一人で頑張っている、我慢もたくさんしている、お金がなくて大学にはいけなかった、私は独立してやっていく、誰にも頼らずやっていく…

と、不満をもらしながらも、

 

一人暮らししながら貯金をし、親へ仕送りまでしている自分、頑張ってるね。

誰にも流されず、自分を信じてやってきてる自分、偉いよ。

自分の想いに正直で、迎合することもしない自分、強いよ。

と、自分を褒め、認める言葉が出てきたんです、

 

そして、

ありのままに生きたい。

ありのままの自分でいたい。

本当の自分で生きたい。

本当の自分でいたい。

f:id:Rubber-Green:20200127120009j:plain

と何度も何度も書きました。

「そのままでいいんだ」と何度も何度も。

それでも、突然泣き出してしまうことも多く、

情緒不安定を克服するには、自分の履歴を塗り替えなくては!と思い立ち、

海外で生活することができたら、乗り越えられるはず!と、ワーキングホリデーのことを調べ始めました。

お金を貯め、タイミングを見計らっていると、最愛の夫と先に結婚することになりました(^^)

けれど、情緒不安定を克服したい!という思いは忘れていません。

結婚後、1年間のワーキングホリデー(NZ)へ。

英語もできない私が、一人で働き、住む場所を見つけ、海外の友達を作り、旅をしました。

さらには、帰国後2か月間、アジアへバックパックを背負って、一人旅へも行きました。

その経験は私に自信を与え、さらには私の想いを優先させてくれた、心の広い旦那さんが、私を奥さんに選んでくれたことで、その自信は確信へと変わっていきました。

その時に、「ああ!私の履歴が塗り替えられた!」と心からそう思いました。

 

それでもまだ反応する自分はいましたが、インナーチャイルドは解放されたと思っていました。

 

けれど、まだ、残っていたんです。

 

もちろん、全部を解放できるとは思っていません。

でも、このインナーチャイルドと会話して、寄り添い、可能なら統合されることは、今世での大きな目的のひとつのような気がしています。

 

そして、いよいよその日はやってきました。

f:id:Rubber-Green:20190922073016j:plain

 

続きはまた次回★

お読みいただきありがとうございました★