Rubber-Green’s blog

前世療法 ヒプノセラピー カウンセリング 鎌倉 横浜 東京

湘南・横浜・東京 |ヒプノセラピー・前世療法・インナーチャイルド| 並木良和さん 早川千春さん

★人生ゲーム★ゲームを攻略する方法★新たにゲームのステージを作り出している人★ゲームの制作者はあなた★

都留晃一さんの「人生ゲーム」の話が面白くて、好きです♡

⇩⇩⇩

もともと無限であった者がルール(制限)を造りゲームを始めました。
地球人間ゲームです。
源へ還るゲームです。
意識の進化ゲームです。
身長150から200㎝ぐらいの肉体をまといます。
脳細胞は数%だけ使用可能。
見える範囲は全振動領域の0、001%だけに制限する。
平均プレイ時間は80年、ただし最高は120年まで。

ルールは厳しいがその範囲内では100%の自由が残されました。
三次元の、超仮想現実ゲームです。
そしてあなたは現在このゲームをプレー中です。

あなたのハイヤーセルフは目下このゲームに夢中です。

「よくもこんな面白いゲームを考え出したものだ」と感嘆の声を上げながら。

80年でゲームを達成できなかった人は、何度でも再挑戦が可能です。

好きな時代を選び、好きな両親を選び、好きな環境を選んでゲームに再挑戦します。

時には一挙に高得点をあげようと、ボディーにハンディキャップを付けて挑戦する勇敢なプレーヤーもいます。

(中略)

そして全員を次のゲームステージに押し上げようとする動きが始まったようです。

その新しい舞台が21世紀に現れようとしています。

ーーーーーーーーーーーー

このブログを読んでいる方は、ゲームの存在に気づき、ゲームの達成のために、身に着けてきた鎧を降ろしている段階だと思います。

もちろん、私もです☆

そして、ゲーム達成のために、次々とステージをクリアしようと、

ゲーム攻略本を読み、情報を集めている時かもしれません。

そして、色々な攻略法を試しては、迷いや焦りを感じている人もいるようです。

そして、それによって新たに作り出されたステージのスタートを切ってしまったり。

 

迷いや焦りの状態で生み出されるのは、迷いや焦りのステージです。

右に行っても左に行っても、ジャンプしてもかがんでも、

見えてくるのは迷いと焦りの森ばかり。

ーーーーーーーーーーーー

では、どうしたらいいのでしょうか?

ーーーーーーーーーーーー

f:id:Rubber-Green:20191010165747j:plain

 

まず思い出してみてください。

このゲームの制作者はあなたです。

他人の攻略本では、対応できないこともあると思います。

だって、みんな設定している主人公は違うのだから。

 

ゲームの主人公の目線から離れてみてください。

そして、そのステージ全体を俯瞰して眺め、

さらには、そのゲーム全体を眺め、

そして、それを眺めている制作者の目まで戻ってみてください。

 

目の前に現れる不快な出来事や、不快な感情を何とかしようとする主人公ではなく、

制作者、ハイヤーセルフや源まで戻ってください。

それができたら「こんなに苦しんだりしない」といいたい気持ちはよくわかります。

けれど、ゲームの主人公のままでは、今までと同じやり方なんです。

そのゲームを味わうためならいいですが、

そうでないのなら、もっと俯瞰してみることです。

 

それができないんだよね…

という方もいらっしゃいます。

 

私たちは元々何でもできる存在です。

だから、制限のあるこのゲームが大好きだったんです♪

何でもできる存在が「できない」はずがないんですね。

「できない」のではなく、「できてはいけない」と思い込んでいるだけのことです。

 

その思い込みは、今まで繰り返されたゲーム(前世など)で身に着けてきてものなので、まるで自分の体のように馴染んでしまって、自分では気づかないこともあります。

人によっては、そうか思い込みだったんだ!と言って、手放すことができる人もいます。

人によっては、前世まで遡り、それを身に着ける原因となった場面で、手放す人もいます。

どちらがいいとかではなく、それは自分の選択です。

今の自分が、手放すね♡と言っても、前世の自分が、それを手放してはダメだ!と頑な場合もあります。

 

 

「簡単に手放したい」と思う人の中に、

自己否定の周波数を持っている人は、

簡単に手放したい→簡単に手放せない自分はダメな人間、と思って自分を責めます

 

被害者意識のある人は、

簡単に手放したい→あの人は簡単に手放せているのに→私のことを責めてばかりいるあの人ができるなんてずるい、世の中不公平だ、と思って相手や社会を責めます

ーーーーーーーーーーーー

ここまで読んで、どう思われますか?

人は複雑に考えるのが、好きだと思いませんか?

 

ただ、そのゲームから離れ、

俯瞰してみている状態になればいいだけのことなんですね♡

ゲームの主人公から離れ、ステージを離れ、ゲーム全容から離れ…の途中で、意味が解らなくなり、不安で引き戻されてしまうのは、当たり前のことです。

そこに、フォーカスしないことが大切ですね。

いつか必ずわかります。

でも、わからなくてもいいんです。

どちらかにしないといけないというのは、3次元ゲームのやり方です。

もちろんまだ続けるのであれば、二者択一ゲームを始めてください。

ーーーーーーーーーーー

今日はなんだか、厳しめの内容でした(^^;

 

お読みいただきありがとうございました★

ーーーーーーーーーーー

ホームページもあります☆

⇩⇩⇩

www.rubber-green.com