Rubber-Green’s blog

前世療法 ヒプノセラピー カウンセリング 鎌倉 横浜 東京

湘南・横浜・東京 |ヒプノセラピー・前世療法・インナーチャイルド| 並木良和さん 早川千春さん

【前世療法セッション㉝】(その②)★人に囲まれて過ごしたい★今の人生に影響のある前世★暴力と孤独★

 

f:id:Rubber-Green:20200504124701j:plain

 

www.rubber-green-kamakura.com

前回の続きです

⇩⇩⇩

 

土間のような、庶民の家というのかな?

その家の中にいます。

私は女性で、20代くらい。

赤ちゃんを抱っこしています。

比較的裕福なのかな。

立派な農家の家という感じがします。

旦那さんはいますが、

私は旦那さんのことを怖がっています。

暴力を振るわれている、、、みたいです。

私は怖がっています。

主人にはいい感情を持っていません。

主人のご両親とも一緒に住んでいますが、

義父母へも、いい感情を持っていません。

ここへは、親に決められて来ました。

 

(その後の場面)

家の中で、私は主人に殴られています。

普段から暴力を振るわれていて、毎日あざだらけです。

世間体があって、周りには相談していません。

この家は、集落の中では力を持っていて、

女は下だから、嫁に来た身分で、色々話せる立場ではなかったみたいです。

義父母も、黙認しています。

主人はいつも酒を飲んで、暴力を振って。

子供にも手を出していたと思います。

私は…怖くて、助けてあげられませんでした。

 

(その後の場面)

人がいっぱい…いっぱい見えます。

囲まれてます。村人みたいのに囲まれてる。

主人が囲まれてて、それを遠くでみています。

村人は怒っていて、主人が殴られてます。

私(40才前後)はどうしよう…と動揺しています。

それから、、、

 主人は死んでしまいました。

その後葬式も出し、お墓もつくって弔いました。

主人が亡くなった後、義父母と子供と暮らしています。

今は幸せです。あの頃に比べれば。

義父と義母(現世の実母)も、根は悪い人ではなかったから。

 

主人は、人妻と浮気をしていました。

女癖が悪くて。

ここは小さな村ですから、みんな知っていました。

私は、そんなのはどうでもよかった。

主人が殺されたのは、それが原因でもあったけど、

元々素行がよくなかったから、村人の堪忍袋の緒が切れた感じです。

主人はカッとなると何をするかわからなかったし、

酒癖も悪かったから。

 

(最期の場面)

その家で、息子が看取ってくれました。

私は長生きをして、穏やかな死を迎えました。

 

(魂に戻る)

宇宙にいます。

その後は、又地球に行ったみたい…。

その人生は我慢、我慢の連続でした。

早くに逃げ出せばよかった…子供と。

でもそれができなかった。

そして、孤独だった。

 

(ご主人と再会)

主人は、穏やかな表情で「悪かったな」って言ってます。

「また同じことをして」と思いました。

今世の人生と同じだなって。

「ばかやろう」って言ってやりたい!

 

(ばかやろう!と言いながら、抱き合ってもらいました)

 

「ごめんね、ごめんね」って言ってる。

彼も寂しかったみたいです。

f:id:Rubber-Green:20200504133255j:plain

f:id:Rubber-Green:20200504133301j:plain


彼は私だと思います。

 

(抱きしめると)彼は、穏やかに子供のようになりました。

彼も孤独で生きにくかったんだと思う。

地球で生きにくかったと思います。

私は、寂しい。

彼ともっと一緒にいたかった。

(今世では死別されています)

もう地球に生まれたくない。

彼は、周りに迷惑かけて、暴力ふるって死んじゃった。

私はまだ、地球で生きていくしかない。

もう、地球は嫌だ。

 

 彼と私はよく似ています。

だから、彼の寂しさもわかる。

(だから、彼から逃げ出さなかったようです)

 

孤独を感じる人がいたら

「一人じゃないよ」って言ってあげたい(涙)

------------------

石川さんは、今と同じような前世を思い出されました。

 

乱暴な旦那さんの奥底にある「孤独感」。

石川さんも同じような「孤独感」を感じていたようです。

 「ずっと、一人で孤独なんです」とカウンセリングの最初におっしゃっていました。

人に囲まれて過ごしたい、と思うけど、結局一人になってしまうと。

カウンセリング時、マインドブロックを探していくと、

「人に囲まれると、ケガをして人が離れていってしまう」というものがあるとわかりました。

まさに、前世でそのシーンが出てきました。

村人に囲まれ叩かれているご主人を、本当はどうしたかったのでしょうか?

「一人じゃないよ」と言って、身を呈して守ってあげたかったのでしょうか?

ショートセッションでは、時間の限りがあり、そこまで辿り着けませんでしたが、

そこに、彼女の新しフィールドがあるような気がします。

 

前世療法では、

あなたの言動を制限している、大本の原因へと導きます。

手放しても手放して、まだあなたの中にあるそれは、

どうして手放せないかを知る必要があります。

何度も形を変え、あなたに知らせにやってきます。

助けを癒しを待っている、あなたに会いに行きませんか?

 

詳細はホームページをご覧下さい♡

⇩⇩⇩

 

www.rubber-green.com

 お読みいただきありがとうございました★