Rubber-Green’s blog

前世療法 ヒプノセラピー カウンセリング 鎌倉 横浜 東京

湘南・横浜・東京 |ヒプノセラピー・前世療法・インナーチャイルド| 並木良和さん 早川千春さん

【前世療法㊳】(その①)★8才の女の子は馬車に乗って★隠された思考パターンが明らかに★

f:id:Rubber-Green:20200512092855j:plain

2020年5月 ショートセッション

白石さん(仮名)

 

 

白い壁…お母さんかな?

お母さんが近くにいるような気がします。

赤い髪を三つ編みにして、水色のワンピースを着て。

8才くらいの女の子です。

お人形を持って遊んでいます。

お父さんはがっちりして、大きい人。好きです。

お母さんは優しくて、好き。

お兄ちゃんとも仲がいい。

 

 

(重要な場面)

(何が見えていますか?の問いに)

見えているというより、何か別れている気がする。

私だけ。一人になっちゃった感じ。

さっきとそんなに変わってない(8才くらい)。

なんか連れていかれている感じ。

怖い。絶望する感じ。

おじさんみたいな人に。

馬車に乗ってる。

他にも何人か子供が乗ってる。

みんなうつむいて、黙ってます。

 

f:id:Rubber-Green:20200512093227j:plain

 

(その後)

みんなで集められて、閉じ込められてる。

家族とはもう会えない。。。

もう会えないんだ…って、気づいている。

 

何かの理由で集められてるけど、それは嘘だったみたい。

そのおじさんと両親が家で話してて、

親も納得して、ここに来ることになった。

同じ町の子ではなく、みんな違うところから来てる。

 

 

さて、前世の女の子はその後、どうなったのでしょうか?

続きはまた次回。

 

お読みいただきありがとうございました★