Rubber-Green’s blog

前世療法 ヒプノセラピー カウンセリング 鎌倉 横浜 東京

湘南・横浜・東京 |ヒプノセラピー・前世療法・インナーチャイルド| 並木良和さん 早川千春さん

★並木さんが伝えたいこと★9月までに身軽にしよう★コロナについて★

 
 
スピリチュアルカウンセラーの並木良和さんの Youtubeを、久しぶりに拝見しました。
 
 
 
このような内容でした(^^)
⇩⇩⇩
今までもウィルスの蔓延は定期的にやってきていた。
今回学んだ対策、知識
は活きていくが、先行きの見えない不安が根付いてしまっているとよろしくない。
集合意識の中に希望であったり、活路を見出す人たちも加味されて、明るくなってはきてる。
 
9月がポイント
9月に加速していく
それまでに準備していくこと
さらに大きく2極化する
できるだけ身軽にしていく
 

f:id:Rubber-Green:20200521112332j:plain

 

⇩ 今伝えたい事 ⇩

 

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
①許す
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
一番身近な「自分」を許してない
自分では気づけないことが多い
「許し」に対し問いかけてみる
両親、教師、友達、ペット、出来事など
許す人(もの)を一人一人紙に書きだす
 
【許すべき人(もの)リスト】
「私はお母さんを完全に許し
許せないという気持ちを手放します」

と宇宙へ宣言する
川の流れに乗せて流すみたいに
知っている方法何でもいい
許しを行えば行うほど、分岐する時に軽やかに進める
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
②自分の過去を手放していく
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
過去を引きずらない
1秒前の後悔した自分を流し、許していく
「失敗しちゃった( ノД`)」
と次の瞬間、もうその自分はない

自分の記憶と共に生きているだけ
連続して存在していると思い込んでいるだけ
いまこの瞬間しかない
パラパラ漫画のように
瞬間瞬間は細切れ
引きずること(必要)はない
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
③未来の自分と繋がる
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今、迷いの中にいる人は
自分が未来と繋がっていない状態
繋がっていると、根拠はないが安心感がある
 
自分の「魂にとって最高の未来とつながる」と意図して、チューニングする
その未来の自分に今の自分を導いてもらう
そうするとダウンロードされる
何かわからないけど、自信を持ってワクワクしていける
ポジティブな感覚が湧いてくる
「最高の未来を実現している自分」とのコネクションを意識すること
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
許し→手放し→繋がる
 
共感です!
どれか一つだけでも、うまく回らないし、
順番が違ってもしっくりいかないと思います。
 
スピリチュアルを知ると、
まず「繋がる」ことから始める人が多いように思います。
 
そして、それができるようになると、
安心感や充足感を得ます。
 
 
でもしばらくすると、次の番が来ます
「許し」や「手放し」です。
 
そしてまるで「振り出しに戻ってしっまった」かのように、
「私どうしちゃったんだろう」
「今まで感じられていたものが、感じられなくなっちゃった」
と、不安に思いだします。
 
そんな経験ないですか?
 
あ、私はありんす。
(ここから時々吉原遊郭の女郎みたいになります(笑))
 
でもそれは、振り出しや元に戻ってしまったのではありんせん。
 
 
ヘーゲルの唱えた「らせん的発展の法則」をご存知ですか?
 
「らせん的発展の法則」とは、らせん階段を登るように物事が発展していくことです。
 

f:id:Rubber-Green:20200521111511j:plain

人は成長・発展のために、えっちらおっちらと(らせん)階段を一段ずつ上っていきますね。
でもこれを真上から見ると、1周グルグル回ってるだけに見えますね。
見る角度によっては、まるで、一周回り続けているだけにみえるわけです。
でも横から見ると、一段上にいるわけでありんす。
 
さらにこの法則には、もう少し深い意味があって、
上から見ると元々いた場所に戻る(振り出し)ように見えますが、
それは「復活・復古」を意味しているんでありんす。
 
「物事の発展はただ発展するのではなく、古いものが新たな価値とともに復活してくる」
ということです。
 
家の高校生の息子は、今日からオンライン授業がスタートしたんですが、
まるで新しいことのように思えますが、これも「らせん的発展」と言えます。
⇩⇩⇩
個別学習寺子屋⇨集団教育(学校)⇨個別学習(オンライン授業)
 

f:id:Rubber-Green:20200521111644j:plain

 
ということはです!!
 
許し→手放し→繋がる→許し→手放し→繋がる→
 
を繰り返しているように思いながらも、「違う」というわけです!
 
許しても許しても
手放しても手放しても
繋がっても繋がっても
 
まだ「自分にはこんなものが残っていたのか!」
と焦る必要は「ない」ということでありんす。
 
 
これは、
今回の「コロナ」の私達の言動などにも当てはまると思いませんか?
 
並木さんの言っている通り、
歴史に残っているだけでも、何度もウィルス蔓延はありました。
けれど「そういうことでありんす」ということでありんす。
 
わっちは並木さんの動画で、こんなことを思いんした!
という、内容でありんした。
 
お読みいただきありがとうござりんした★