Rubber-Green’s blog

前世療法 ヒプノセラピー カウンセリング 鎌倉 横浜 東京

湘南・横浜・東京 |ヒプノセラピー・前世療法・インナーチャイルド| 並木良和さん 早川千春さん

【前世療法㊷】★ハイヤーセルフは全てお見通し★子育てが辛い人へ★お母さん大好き★

2020年5月(ショートセッション)

染谷様(仮名)

 

少し緊張された、笑顔の素敵な染谷さんと少し面談をし、

さらに染谷さんのハイヤーセルフさんへご挨拶をさせていただきました。

 

その時にハイヤーさんからあるお願いをされたのですが、

まさにそのメッセージ通りのセッションとなりました

 

 

催眠誘導後、

石畳の広場を歩いてる、肩の長さの茶色の髪の女の子が現れました。

汚れた白い服を着た、7,8才の少女は、そこで泣いていました。

 

f:id:Rubber-Green:20200524133623j:plain

 

「お母さんに怒られて出てきた」

 少女は、

悲しい、情けない、

一生懸命やってるけど「できない」もどかしさ

わかってほしいけど「わかってもらえない」思いを感じていました。

 

「私、なんでこんなにどんくさいの!」

 

 

少女は、お母さんに毎日怒られているそうです。

 

「なんであんたは、そんなにどんくさいの!」

 

 

お母さんのことを聞くと、こう話してくれました。

「お母さんはぽっちゃりしてて、ひっつめたおだんご頭、ワンピース来てるけど、いつも手は腰!で怒ってる。でも、お母さんのこと、好き!

 

 

お父さんはいないようで、お姉さんがいるようでした。

 

 

お姉さんのことは、

「年が離れてて、中学生以上くらいかな。印象があんまりないけど、なんでもできる感じ。母には怒られてないよ。ニコニコして、フフフって感じ。憧れの人だけど、距離感がある」

 

 

 

ある日、少女は家でボヤ騒ぎを起こしてしまいました。

いつものように、家のお手伝いをしていた時のようです。

 

 

「私が、とんくさいことして。火が高く上がったけど、大きなことにはならなかった。

家の壁に煤(すす)がついたくらい。お母さんに怒られる以上に自分がもうその場にいられない感じ…。すごいことしてしまったショック…。」

 

 

恐怖と後悔をを抱え、彼女は家を飛び出しました。

 

f:id:Rubber-Green:20200524133958j:plain


「生まれて来なかったらよかった」

 

真っ暗なところで、一人ぼっちで膝を抱え、

少女はずっと丸くなっていました。

お母さんに怒られるのが嫌で飛び出して、

方向がわからなくなって、家に帰れなくなったしまったようです。

 

誰も探しに来てくれず、

きっとお母さんは「勝手に帰ってくるだろう」と

いつものように放置していたようです。

 

少女は丸まって、探しに来てくれるのをずっと待っていましたが、そのまま亡くなってしまいました。

 

 

「大事にしてくれてると思いたかったのに、やっぱりそういうことだったんだ…」

 

 

ひとりぼっちで、誰にも気づかれず亡くなった少女は、

「愛されたかった」と泣いていましたが、

魂の存在になると明るい所へと行き、

 

「軽い感じ!」

 

と不思議そうでした。

 

「人生辛かったこともあったけど、憎しみはなかったなぁ。でもお母さんはやっぱり好き!

 

 

そして、お母さんの魂と再会しました。

 

「お母さん、怒ってない。優しい表情してる。」

と嬉しそうでした。

そして、

 

「ごめんねって抱きしめてくれた(泣)すごく嬉しい。温かい。」

 

f:id:Rubber-Green:20200524134431j:plain

 

「お母さんは生活が苦しかったみたい。イライラを私にぶつけてただけみたい。

余裕がなくて生きていくのが精一杯だったみたい」

とお母さんの思いを話してくれました。

 

 

「お母さん、大好き!」

 

 

少女はそう言って、満足そうに笑いました。

 

「嬉しかった!ハグしてくれて嬉しかった」

 

 

そして、現世の染谷さんに

「前世の自分(少女)は、どんな子ですか?」と聞きました。

染谷さんは、声を詰まらせながら、こう話しました。

 

「あなたは無邪気で、頑張り屋さんで、お母さん思いの可愛い女の子♡」

 

さらに、染谷さんは今世は

「そのままの自分で、無邪気で楽しく、笑顔で過ごすよ!」

と少女へ伝えました。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

セッション後、染谷さんの第一声は、

「びっくりした!なんであんなのが見えたのか」

でした(笑)

 

「自分で考えてもなかったことが見えて。」

「死んでたのもびっくりした!」

 

面談後、

染谷さんのハイヤーセルフにご挨拶したときに、

私はこんなことを伝えられました。

 

===================

基本明るくていい子です。

ただ「認めること」をわかってもらえる前世を見せるので、

サポートしてほしい。

===================

 

前世の少女は、自分のことを ”とんくさい” と表現していました。

一生懸命やっても、うまくいかず、

お母さんに怒られてばかり。

少女はただ、

お母さんのことをただ助けたい!

大好きなんだ!という思いを表現していただけだったのですが、

認めてもらえず、自分を責めていました。

 

 

染谷さんに「前世の自分はどんな子か?」を聞いたのは、そのためです。

それを伝えると、

 

私はとんくさくて、空回りすることが多くて。

なんか一緒やんって。

でも愛おしくなった。

可愛かったー。

あのお母さんも自分かもしれん…。

いつもイライラして子供に怒ってた。

はけ口みたいにしてた。

前世のお母さんも少女も、

両方「私」やと思います。

とても感動しました。

 

染谷さんの気づきは、染谷さんのハイヤーセルフからのメッセージでもあります。

 

あなたは、愛おしくて、可愛い子

イライラしていた子育てだったとしても、

子供は全てを許し、

どんなあなたであったとしても、

ただ愛しているんですよ。

 

そんな思いが伝わってきました。

素敵なセッションを、ありがとうございました。

 

 

今日も、

お読みいただきありがとうございました★

 

【Zoomショートセッション】

90分/15,000円

夜間でも可能です♡

www.rubber-green.com