Rubber-Green’s blog

前世療法 ヒプノセラピー カウンセリング 鎌倉 横浜 東京

湘南・横浜・東京 |ヒプノセラピー・前世療法・インナーチャイルド| 並木良和さん 早川千春さん

★場違いのZoomセミナーに参加してわかった事★自分ビジネスの落とし穴★

f:id:Rubber-Green:20200525183436j:plain

先日

流行りのオンラインセミナーで

「やっちまったー!!」体験をしました。

 

最近zoomなどを使って、色々なセミナーや講座などがありますね。

今まではあまり興味がなかったのですが、

FBで知り合いがシェアしているグループセミナーに、ふと申し込んでみたんです。

 

そのセミナーの内容は、個人で仕事をしている方向けのもので、

「未来の自分の姿をもとに、タブーを探りコンサルティングする」というものでした。

さらにその方は霊能力があるとのことで、その辺りからのアドバイスもするらしいのです。

 

 

申し込んだ理由は、主催者の「サイトのつくり方が好き」「セルフプロデュースが上手」「金額が安いこと」です。

 

何かに参加する時は、いつも私は自分にこう聞くことにしています。

「これに参加することで、何を得ようと思ってる?」

 

私の答えはこうです。

「多種多様な業種の人へ、どうやってコンサルティングをしていくのか?」

「未来の自分の姿を見つける手法は、何を使っているのか?」

を知りたい。 

 

 

はい、私らしい考えです(*´з`)

こんな私、嫌いではありません(*´з`)

でも、自分が時々、面倒になることも(*´з`)

 

 

さて当日、ワクワクと共にZoomセミナーに参加してみました。

 

20名くらいの参加者が順番に質問をして、主催者の方が答える「質疑応答」からスタートしました。

 

f:id:Rubber-Green:20200525183621j:plain

みなさんモノづくりをしていたり、教えていたり、個人で活動をされている方たちです。

 

・お金の枠を超えられない

・面白いブログが書けない

・人に合わせてしまい、自分が出せない

・最初は収入もよかったが、今は低迷している

 

縦横無尽にズバっと切りながらも、具体的な答えや視点を広げたアドバイスを伝える主催の方。

その中で2つ気づいたことがありました。

 

1つは「あなたは本当は〇〇だよね」という決めつけ言葉。

それから、アドバイスの中に必ず出てくる「個人名」があること。

 

「あなたは本当は目立ちたいんだよね」

「あなたは本当はそれをやりたくないんだよね」

「あなたは子供の頃何かあったよね?」

 

などを言われると、

 

「そうなんです!」

「そうでもないですけど」

「そうなのかなぁ?」

の3パターンの返答がありました。

 

その後、主催者は「そうなんです!」方向へ持っていき、

「私は〇〇だ」という前提で話が展開されていくわけです。

 

そして「個人名」ですが、知らない方だったので、ネットで調べてみると、

有名な実業家(?)らしく、どうも今日の主催者は、その方の門下生のような存在だと気づきました。

 

そして、このグループセミナーに参加者の方は、その方のやり方で成功したいと思っている方たちのようです。

 その時よーやっと気づいたのです。

 

やっちまったー!!

違いのところに来ちまったー!!

 

f:id:Rubber-Green:20200525184002j:plain

 

しかし私の目的は、

「多種多様な業種の人へ、どうやってコンサルティングをしていくのか?」

「未来の自分の姿を見つける手法は、何を使っているのか?」

を得ること。

 

気を取り直して、長い長い質疑応答を2時間以上聞いていましたが、さすがに途中でギブアップ…退室しました。

(波動が違いすぎる…) 

 

 

参加者さんの共通点は「収入に悩んでいる」「自信がない」ところでした。

さらに言えば「自分に一致していない」人たちです。

 

一致していない状態を突かれ「あなたは本当は〇〇なんだよ」と言われると、「そうなんだ。本当の私はそれなんだ」と、人は安定できる場所を見つけたように、安心するわけですね。

安心したところで聞いた話は、スーっと入ってくるわけです。

それに、厳しいことを言われると、親身になってくれたような錯覚に陥ります。

 

 

そして、みなさんインナーチャイルドが傷つきまくってました。

中途半端なケアの方ばかり。

向き合うのが相当きつかったのかもしれません。

またはただ慣れてしまったのかもしれません。

それでも自己実現のため」に、勇気を出して立ち上がった人たちです。

 

けれど、メイン人格は「気づいたインナーチャイルド」のまま

もちろん一生懸命その実業家のようになりたい!と思っているわけですが、

「傷ついたインナーチャイルド」が目指す夢は「心の欠乏感」を満たすゴール設定

 

「収入・物質・地位・異性」などの「欠乏欲求 」が起点ということです。


これらは、達成しても満たされることはありません

無限ループなんです。

 

さらに、ロールモデルを目指そうとすると、

ロールモデルがいつしか自分の母親的存在になってしまいます。

 

 

f:id:Rubber-Green:20200525184552j:plain

 

彼女に認められたい。

彼女に嫌われないようにしなきゃ。

彼女の唱えることをちゃんとやらない自分はダメなんだ。

 

そして、あらたなインナーチャイルドが生まれ、それがメイン人格となって、自分の人生を創り出していきます。

 

そんなことを思いながら、みなさんの様子を聞いていました。

 

そうそう、その中で特に気になったことは

「自分の世界観を表現する」

という言葉。

なんか、かっこいいです(^^)

 

そして、みなさん動画やブログなどの方法で、「自分の世界観」を頑張って表現していますが、うまくいかないとこうして、ママに聞くわけです。

 

主催者さんのように、ズバっと切らせていただくのなら、

 

「面白いブログが書けない」と悩んでいるのは勘違いで、

「”面白いブログが書けない”という、自己表現をしている」ことに気づかなければなりません、あなたは!!

人は完璧なのだから「書けない」のではなく「書かない」だけのこと!

「書かない」ことも自己表現。

表現することは、みんなに見てもらい、評価をもらうことではないのですぞ!!

 

とお伝えしたいところです。

 

すみません、今日はどうも熱くなりがちです。

こちら神奈川も緊急事態宣言解除だからでしょうか。

いや、関係ありませんね。

そう、関係ない事をくっつけて複雑にするのが、人はみんな好きなんです。

でも、もぅシンプルに行きましょう♡

 

今日も

お読みいただきありがとうございました★