Rubber-Green’s blog

前世療法 ヒプノセラピー カウンセリング 鎌倉 横浜 東京

湘南・横浜・東京 |ヒプノセラピー・前世療法・インナーチャイルド| 並木良和さん 早川千春さん

②★日常の些細なことに苛立つ原因とは★前世療法を受けるとどうなる?★

 

前回の続きです。

www.rubber-green-kamakura.com

 

講座2日目は実践でした。

 

 

f:id:Rubber-Green:20200715143028j:plain

 

 

フォレスト前世療法研究所の上級講座では、

HOME | フォレスト前世療法研究所

 

世界各地のプロのセラピストも受けに来る、

フォレスト式自慢のカウンセリングから、

思考パターンを探り、

インナーチャイルドの癒しから、

前世を明らかにし、癒し、統合し、

さらに、中間世、胎児期、再誕生、本来の自分との対話などを行います。

 

 

マニュアルや手法、手順は正直二の次で、

「人生の核心の部分や、魂そのものに触れさせていただき、

人間の素晴らしさに気づくため、

神であるわたしが、神であるあなたに話かける」ことをしていきます。

 

 

今日は、私がクライアント役をした時の話を書きたいと思います。

 

この講座のため、私は3つほど気になること(お題)を用意していました。

その中でこの日選んだのは、「長男とのこと」でした。

 

長男との関わりは深く、幾度も人生を共にしました。

 

www.rubber-green-kamakura.com

 

特にこの前世での出来事を癒したことで、

私達たちの関係はガラリと変わりました。

しかも、たった一日で!

 

けれど、最近また長男のことが気になりだしていました。

 

どんなことかというと、

長男の悪いとことばかりに目がいってしまい、

それに対し、私が嫌味を言うパターン。

 

例えば、夕飯づくりが終わり、みんなを呼ぶと、

テレワークの主人、部活から帰って一息ついた次男は、すぐに降りてきて、食事を並べるのを手伝ってくれるんですが、

長男は全部準備ができた後、みんなが席について待っている頃、

ノコノコと降りてくるわけです。

それに対し「ほんっと、いつもいいタイミングで降りてくるね」と、私は嫌味を言ってしまうんです。

そして雰囲気は悪くなり、最終的に周りが気を遣う、嫌な感じになっていくんです。

 

こんな小さな事ですが、もしいいタイミングで主人や次男が降りてきても、何にも思わないんです。

というより、手伝ってくれてもそうでなくても、どちらでもいい。

というのが本音です。

なぜか、長男だけは嫌なわけです。

 

他には、私が言葉を間違えた時、「それはこうじゃない?」と、長男は訂正してくれるのですが、そうするとものすごい腹が立つのです。

そしてそれは主人や次男や、きっと他の人が訂正してくれたら、

「あ、そうか。エヘヘ(*´з`)」と笑えるんです。

 

 

そんなことを話しながら、セラピスト役のYさんとやりとりをしていくと、

私の口から(無意識で6回も!!)出た言葉があります。

 

「そんなお前に、言われたくない」

「なんで、お前なんかに」

という男言葉です。

 

この言葉を吐いているのは…

私はうっすらわかりだしてきました。

その言葉を吐いているのは…

 

 

 

f:id:Rubber-Green:20200715141939j:plain

 

続きは次回★

お読みいただきありがとうございました★

 

セッションの詳細はこちら

⇩⇩⇩

www.rubber-green.com