Rubber-Green’s blog

前世療法 ヒプノセラピー カウンセリング 鎌倉 横浜 東京

湘南・横浜・東京 |ヒプノセラピー・前世療法・インナーチャイルド| 並木良和さん 早川千春さん

③★現世の子供は、前世では憎むべき敵兵だった★なぜ今世で子供として生まれてきたのか?★

「そんなお前に、言われたくない」

「なんで、お前なんかに」

そう、吐き捨てるように話していたのは…

 

前回の続きです

⇩⇩⇩

www.rubber-green-kamakura.com

 

鉄のヘルメットのようなものを被り、

その頂点からは、細い糸を束ねたものが、フワリとなびいていました。

それは微かに赤味が残っていましたが、陽に焼け色あせていました。

 

f:id:Rubber-Green:20200716105556j:plain

 

体には鎧のようなものを身に付け、手には武器のようなものを持っています。

そこにも陽に焼けたタッセルがついていました。

 

 20代の私は馬に乗り、広大な草原にいました。

ここへは、何度も来ている感じがします。

 

そして周りを見渡すと、

まさに戦闘がスタートするところ。

お互いが馬に乗り、100人近くの兵が縦横に並んでいます。

 

私は前から3列目にいて、こう思っています。

 

「あれが、噂の三人か」

 

f:id:Rubber-Green:20200716105800p:plain

敵兵の中心に、策士と言われる3人がいて、

その中の一人が現世の長男、そして次男もいました。

 

この戦いは領地をめぐるもので、奪還を胸に私は奮い立っていました。

 

その後、たくさんの兵士が死に、一旦休戦に入りました。

(休戦、実戦を繰り返していたようでした)

 

f:id:Rubber-Green:20200716105918j:plain

 

私は家に帰りました。

小さな家に、妻(現世の夫)と小さな娘がいました。

 

私の心はざわついていました。

怒りなのか?

悲しみなのか?

怖れなのか?

 

わかりませんでしたが、

胸のざわめきを抑えるためにだけ、自分の時間を使っていました。

 

妻はそんな私を気遣っていましたが、私は子供の存在さえ気づかないほど、ただひたすらに自分のざわめきを落ち着かすことだけに、集中していました。

 

そんなある日、敵兵が村を襲い、私達はみな殺されました。

 

f:id:Rubber-Green:20200716111349j:plain

 

 

「あの三人」はその襲撃を、ただ離れたところから見ていました。

どうやら、彼らが企てたことだったようです。

 

死に逝く私は、怒りに包まれていました。

 

「それ」だけは、やってはいけないことだっただからです。

 

「それ」というのは、お互いの住処へ入り、襲撃することです。

 

私達には協定がありました。

戦いをする場所があり、代々、そこで正々堂々と戦うという。

 

けれど、彼らは私達の住処とする村へ足を踏み入れただけでなく、襲撃したのです。

 

許されない行為でした。

 

私は、そのやり方に対し、悔しくて涙が止まりませんでした。

 

けれどなぜ私は、

その作戦を企てた敵兵を

今世で、子供としたのでしょうか?

 

そこには、大きな目的があったようです。

 

 

続きはまた次回★

お読みいただきありがとうございました★

 

セッションの詳細はこちら

⇩⇩⇩

www.rubber-green.com