Rubber-Green’s blog

前世療法 ヒプノセラピー カウンセリング 鎌倉 横浜 東京

湘南・横浜・東京 |ヒプノセラピー・前世療法・インナーチャイルド| 並木良和さん 早川千春さん

★信仰宗教と私の過去★母の生前に絶対に聞きたかった事★救われたいなら…★

今、夢中になっていることがある。

それは「仏教」について。

 

f:id:Rubber-Green:20200821112028j:plain

 

考えてみたら、2人の息子はお寺さんの幼稚園で、毎朝「ぎゃーてーぎゃーてー」と唱えていたし、お釈迦さまの誕生日である4月8日は、それをお祝いをする行事もあった。

現役住職である園長先生の法話を聞くチャンスもあったが、私は全く無関心だった。

 

思い起こせば、2011年に亡くなった母は、色々な宗教を信仰していた。

月に何度かの集会に、私はいつも誘われたが、ずっと断っていた。

 

そんなある日の夕方、学校でも人気者の栄子ちゃんが、風呂もない、小汚い小さな私の住むアパートのドアを突然ノックした。

 

f:id:Rubber-Green:20200821112556j:plain

 

知らない子を2人連れていたが、狭い廊下では3人並ぶことができず、栄子ちゃんの後ろから顔をのぞかせていた。

私と栄子ちゃんは4,5年生だっただろうか?

その子たちは私達より、少し年下に見えた。

 

1学年4クラスあった小学校では、栄子ちゃんとは同じクラスになったことはなく、話したこともなかった。

 

もとより、私は友達がいなかった。

いや決していなかったわけではない。

同じアパートの忍ちゃんは友達だった。

けれど、他に長く続く友達や、親友とか特別な友達と呼べる子はいなかった。

 

話を戻すと、結局のところ栄子ちゃんは、創価学会の集まりに一緒に行こう!ということだった。

 

私の後ろで母が様子を伺っているのがわかる。

何度も断ったが、「一度来てみて嫌ならやめればいいし、一回行ってみようよ」と、さすが人気者らしい、明るい表情で言われると、私は「そうだよね」と、靴を履いた。

 

その集まりは、近所の同級生の男の子の家の、和室で行われた。

大人が30人くらいいる。その子供たちもいる。

母もその中に、いる。

母が人と話しているのを見た事がほとんどなかったから、母の様子をずっと見ていた。

 

栄子ちゃんはその集まりに入ると「お役目ごめん」とばかりに、他の友達のところへ行き、私はひとりぼっちになった。

 

大勢が集まっているところは、苦手だった。

畳に座り、みんながガヤガヤと話している様を、私はキョロキョロと観察していた。

 

そしてしばらくすると、障子が開き、誰かが入ってきた。

と途端にシーンと静まり返り、みんなの視線はその人へ集められた。

そして、南無妙法蓮華経を唱え出す。

みんな合掌し、目を瞑っていた。

 

こ、怖い。。。

 

みんなが一斉に同じことをする。

怖すぎる。

 

その後のことはほとんど覚えていないが、何人かが順に前に出て、何かを話していたように思う。

 

もう、二度と行かない。

自分に誓った。

 

 

 

それから1年くらい経った頃だったか?

同じアパートの忍ちゃん家が大変なことになった。

大工のお父さんが、高い所から落ち失明したのだ。

 

f:id:Rubber-Green:20200821112900j:plain

 

忍ちゃんのお母さんが私に話してくれた。

 

「朝、(忍ちゃんの)妹がご本尊様のお題目を、誤って破いちゃったのよ。何かないといいと思っていたんだけどね」と。

 

それから、忍ちゃんは引っ越してしまった。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

私の兄は3人いる。

その兄とは父親が違うし、私とは年も離れている。

ほとんど一緒に暮らしたことはなく、あまりいい思い出はない。

 

一番上の兄とは、私が15才の頃会ったのが最後だった。

その後時々、どこかの市から生活支援依頼の依頼書が来ていたから、生きているんだなとは思っていた。

30代半ば、私が初めての育児で守りたいものが増えた時、その依頼書へあるメッセージを添えて返信をした。

それ以来、生活を支援してほしいなどの依頼は来なくなった。

 

f:id:Rubber-Green:20200821113051j:plain

 

三番目の兄へは、たくさんのお金を貸した。

貧乏だったのと親から独立したかったため、大学進学を諦め、18で一人暮らしをしている時から、母を介し何百万と貸した。それはもちろん返ってこなかった。

直接貸してほしいとも、そしてありがとうとも言われなかった。

そんな兄は中学の頃から不登校だった。

私はある夜、父(未入籍の父)と母と、警察や児童相談所の大人たちと、あるアパートへ行ったことを思い出す。

大家さんが鍵を開け、警察官がドアを開けると、兄は女の人と一緒だった。

15歳の兄の驚く顔と罵声を、今でも思い出す。

兄はそれから施設へと送られ、次に会った時は妊娠中の彼女を連れて、結婚の報告をしに家に来た時だった。

 

それでも二番目の兄は少しまともだったように思う。

三番目の兄と一緒に暮らしている時もあったが、シンナーに溺れ、目はうつろで手は震え、歯はボロボロだった。

でもいつも「おー、早苗元気かぁ?」と明るく笑いかけてくれた。

兄は高校は行けず、母が時々食べ物やお金を届けては、どこかで暮らしていたようだった。

その後しっかり者の女性と結婚した。

私は18歳頃だったろうか?

女の子が2人生まれ、家に泊まりに来た時に、一緒に銭湯に行った。

着替えていると、その子たちの首に何かがかかっているのが見えた。

お義姉さんに聞くと、お風呂以外ずっと肌身離さずにしているらしい。

どうやら信仰している宗教のみんなは、お守りとして身に付けているらしい。

それは兄だけでなく、気づかなかったが、母も身に付けていた。

これを外したまま、うっかり買い物に出かけたら、事故に遭いそうになったとか、そんな話で夕食時は盛り上がっていた。

兄や母は、その新興宗教に私を誘う事はなかったが、母はよく兄家族と集会へ出かけているようだった。

 

 

f:id:Rubber-Green:20200821113833j:plain

 

70歳頃、母は膝の軟骨がすり減って、ほとんど歩けなくなった。

「痛いから、集会所へ連れていってほしい」と、言われたこともある。

 

母はその後、肺から十二指腸に癌が転移した。

その時に私は思い切って聞いたことがある。

 

「ねぇ、お母さん、幸せだった?」

 

母は「考えた事もないわ」と笑った。

 

私はずっと、幸せになることを考えて生きてきたから、その価値観に驚いた。

 

母にとって、宗教とはなんだったのだろうか?

友達のいなかった母が、人と繋がるためのツールだったのかもしれない。

痛みを和らげてくれる場所なのかもしれない。

4人の子供がいながら、二番目の子供だけは、何とか宗教で繋がっていられたと思うと、なくてはならないものだったのかもしれない。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ずっと興味がなかった、いや避けてきた宗教。

社会的に新興宗教が問題になったが、「仏教」はなぜ2000年以上も廃れずに、伝わっているのか?

その意味を知りたくなったのだ。

 

そして何世紀もずっと人の煩悩は尽きない。

 

「救われたい、救われたいと言いながら、何も手放すことはできない人間」は、

仏教でいう「三毒」に侵されているからなのかもしれない。

 

お釈迦様が悟りを開かれたのは、35才の時。

栄子ちゃんに連れていかれたあの集会から、35年。

そして今日の外気温も、35度。

 

お後がよろしいようで(*´з`)

 

お読みいただきありがとうございました★