Rubber-Green’s blog

前世療法 ヒプノセラピー カウンセリング 鎌倉 横浜 東京

湘南・横浜・東京 |ヒプノセラピー・前世療法・インナーチャイルド| 並木良和さん 早川千春さん

★前世療法士になったきっかけ★人生の転換期に任せて流れてみたら★凡人の私が見た前世★

私が前世療法士になろうと思ったきっかけは、2017年の始めでした。

それまで10年近く編み物の講師をしていました。

それは紆余曲折ありましたが、最終的には大きなイベントを毎月依頼され、カルチャーセンターから(3つ!)講座を持ってほしいと頼まれ、自宅教室もたくさんの生徒さんがいらしてくれて、自分で言うのもなんですが「とても順調」でした。

 

f:id:Rubber-Green:20200829125503j:plain

 

これからも、自分の作品を提供したり、教えたりして過ごしていくんだろうと思っていた2017年初旬、わけもなくこんな思いがとめどなく溢れてきました。

 

何かインプットしたい

今までずっとアウトプットばかりしてきたから

何か新しいことを入れたい

 

手作りの幅を広げるものなのか?

と探してみましたが、ピンとくるものはなく。

悶々としていたある日、生徒さんから数秘術というものを聞きました。

初めて聞くその言葉。

生徒さんの話を聞くと、興味がどんどん湧いてきて。

気づいたら数秘術の講座を受けていました。

 

それから友達や生徒さんに練習台になってもらい、数秘鑑定をさせていただきながら、自宅教室を続けていました。

 

「1」の人は、とにかく後戻りするより、作品を作り上げたい勢いがあったり、

「7」の人は、編み方と編み図の構造を理解して、黙々と編み続けたい気質があったり。

それはとても興味深いものでした。

 

そして段々、みんな何かしらの「悩み」や「気にしている事」を話してくれるようになりました。

 

親子関係だったり、将来への不安だったり…。

 

私は数秘術だけでは物足りなさを感じ、更に他の手法を使って「もっと寄り添いたい、心地よい方向へ進む手助けになりたい」と思うようになりました。

 

価値観の変化、何かやりたい!という衝動。

それは数秘でみると、私の人生サイクルの「1」の年でした。

「1」はスタート、種蒔きの年。

人生の転換期の流れに、自然に乗ったのだと思います。

 

 

そして数秘を知って一年後の2018円2月。

私はこの本に出会いました!

⇩⇩⇩

www.amazon.co.jp

 

この本は「前世療法」のセッション内容を、著者が提唱する「人生の法則」を基に気づきをもたらしてくれる内容で、

読みながら興奮している自分を、私は止められません。

 

f:id:Rubber-Green:20200829125557j:plain

 

すごい!これだ!!

 

そう確信した私は、著者のHPを開き、4月に行われる講座の申込みをしました。

それが今のお師匠さんとの出会いでした。

(先生は、ずっとセラピストとして活動されていた方なので、講座をするのは東京では初めてでした)

 

電話で一宇先生とお話した時、私は声を震わせ泣いていました。

「苦しむ人を助けてあげたい」と、そんなことを私の魂は話したと思います。

「わかった、おいで」と、そんなことを一宇先生はおっしゃったと思います。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「前世療法」という言葉も知らず、「セラピー」などを受けたこともなかった私。

しかも「前世」というものに興味もなく、知りたいと言えば知りたいけど、「知ってどうするの?」と思っていました。

 

それでも私は、一宇先生のように「苦しんでいる人を助けたい」

この講座を受ければ、それに近づける!と思っていました。

 

一宇先生は、魂の仕組みや人生の法則など、仏教の話を用いて説明してくれました。

 

そして、いよいよ実践!

 

前世療法を受けた事のない私が、クライアント役になり、一宇先生がセラピスト役となって、見本を見せてくれることに。

 

私はベッドに横になり、一宇先生の誘導瞑想を聞きながら、ドキドキしていました。

前世。。。みえるの?

凡人の私でも、前世を見れるの?

 

最後の催眠深度を下げるカウントダウンが聞こえます。

 

5,4,3,2,1…

「はい、そこにいます。あたなは建物の外にいる?それとも中?」

と、一宇先生の声がします。

 

「思考(頭)」は、私は講座が行われている部屋にいて、今は実践練習中だとわかっています。

でも、「意識」は、違うものを見ています。

 

ぼんやりですが、庭にいる女性と、小さな男女の子供がいるのがわかります。

私はそれを、少し離れたところから見ています。

そしてなぜか、その女性は私だとわかります。

 

 

「そこは自分のお家?」

「何をしている?」

「どんな気持ち?」

一宇先生の質問で、パズルのピースがはまる様に、色々なことがわかってきます。

 

その時の内容はこちら

⇩⇩⇩

www.rubber-green-kamakura.com

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こうして、私の初めての前世療法は終了しました。

 

ボーっと横になったまま、私は泣いていました。

今の人生で、向き合わなくてはならない大切なことを、自らの口で話し、自らが体験したのです。

胸がキュっとしました。

今世では、家族に公平に接していきたい。

ずっと心が願っていたことでした。

なのに、エゴまみれの私は、それをできないばかりか、もうどこかで諦めていました。

 

一般的に言われている「ヒプノセラピー」ではここで終わりなのですが、

「フォレスト式前世療法」は、ここからが違います!

 

HOME | フォレスト前世療法研究所

 

 

「公平であること」は、私の魂の課題でもあるようです。

それをさらに掘り下げていき、「公平」であろうとするために、どんな体験をして、それに対してどんな意味付けを行っていったのか?

その原因となった前世へと遡り、大本の原因を探し出し、

「何を勘違いしていたのか?」「どんな思いが残っているのか?」に気づき、本来の自分を取り戻していきます。

 

f:id:Rubber-Green:20200829130223j:plain

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

あれから2年半…

私は前世療法士として、活動をしています。

その間に、米国催眠士協会(NGH)の認定セラピストの資格も取りました。

けれど、「ヒプノセラピー」と私の行っている「前世療法」は、少し違います。

(説明しづらいので、ヒプノセラピーと名乗ることもありますが(;´Д`))

 

ヒプノ(催眠)を用いずとも、過去世や未来世、宇宙の記憶も思い出すことができます。

そして何より「自分が神として、神であるあなたに話かける」という思いで、セッションを行っていること。そこが大きな違いです。

 

自分が神と思えない…そんな思いもたくさんしてきました。

でも、自分以外の人は神と思える。

だって素晴らしい魂の人ばかり。

その思いが本物となり、

私の場合は「自分以外はみんな神さま」という確信から入りました。

 

そして思ったんです。

 

「私はみんなが神であることを、心から信じている。そしてそう思っている自分を、私は心から信じている」

 

f:id:Rubber-Green:20200829130404j:plain

 

それから、自分を心から信じることが出来ました。

そうなった時、やっとセラピストとして、スタートラインに立った気がします。

 

セラピストやヒーラーの中には、

「このセッションによって、クライアントがどう捉えようが、どう思うおうが、感じようが感じまいが、それはクライアントの自由だから」という人がいます。

 

それも一理ありますが、私は少しニュアンスが違います。

私の前提に「神である魂」というものがあります。

「神であるあなたが、クライアントとしてセッションを受けている」

「だから、大丈夫」。

そんな感覚です。絶対的に信頼しています。

 

長くなりましたが、今日は私が前世療法士になったお話を、書かせていただきました。

 

もし、ご興味ありましたら、遠慮なくお問い合わせください♡

greenbocco@gmail.com

www.rubber-green.com