Rubber-Green’s blog

前世療法 ヒプノセラピー カウンセリング 鎌倉 横浜 東京

湘南・横浜・東京 |ヒプノセラピー・前世療法・インナーチャイルド| 並木良和さん 早川千春さん

★体験セッション★傲慢な前世★自分の考えが絶対だと思わない事★

体験セッション 武藤さん(仮名)

 

初めてのヒプノセラピーで緊張されたご様子だった武藤さん。

最初は真っ暗で様子がつかめなかったようですが、

少しずつ、見えてきたようです。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ドアを開けたんですが、とても暗いんです。。。

そして、少し寒い気がします。

そんなに広くない場所で

粘土質の土の上に、裸足でいるみたいです。

 

f:id:Rubber-Green:20200912115049j:plain

 

青と紺の中間色の着物を着た私は、男性のようです。

髷を結ってますが、武士ではなく、商人のようです。

50歳、、、もう少し上でしょうか

 

「なぜここにいるの?」「出してください」

と言ってます。

木の太い柱に、碁盤の目のような壁が見えます。

 

 

(そこに入る直前の場面)

誰かともめてます。

「何を言ってるのですか」「私が何をしたんですか」と私は言ってます。

でも相手の男性に羽交い絞めにされ、そこに押し込まれた感じがします。

 

 

(その後)

屋敷(自宅)の中の布団の中で寝ています。

さっきより、もっと年をとっていて、何となく自分の最期が来ているのがわかっているようです。

そして、反省をしています。悪かったなと。

その人生の自分は、傲慢だったようです。

「自分の考えが絶対だと思わないこと」

前世の自分はそう反省しています。

そして、私はその課題を今も引き継いでいるように感じます。

少しずつ、傲慢な自分を削り落としたいです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

45分の体験セッションでは、実際前世を見るのは15分くらいになりますので、詳細まで辿り着くことはできませんが、前世をみる感覚、思い出す感覚はつかめて頂けます。

 

武藤さんが見た前世では、「疑いをかけられたのか?」「何かよくないことをしたのか?」はわかりませんが、亡くなる時には後悔と反省をされていた様子を見ると、きっと、人の話を聞いて、ちゃんと自分と向き合ってきたのだと思います。

そんな方は傲慢なはずないですね。

 

人は時に必要以上に自分を罰することがあります。

そうすることで、どこかで誰かに許してもらうことをしているのかもしれません。

けれど、自分を必要以上に罰することは、苦しみの原因であり、自分を小さな箱に閉じ込めてしまうことにもなりかねません。

 

そして、自分を苦しめているのは、どこの誰でもなく、自分自身だということ。

誰に許してもらうこともなく、ただ自分が自分を許すこと。

だって、私達は元々許されている存在なのですから。

 

もう、自分を解放する時に来ている方が多いように思います。

私は、その少しのきっかけになれたらな、と思っています。

 

けれど、ヒプノセラピー、前世療法が有効でない方もいらっしゃることは確かです。

どんなタイプが?というのは、一概には言えませんが、

頭の中でモヤモヤが満杯になってしまっている方や、

極端に集中力がない方、前世やイメージワークに否定的な方は有効ではないように思います。

 

Rubber-Green前世療法では、体験セッション(3,000円/45分)を行っておりますので、本セッションに入る前に、ぜひ一度お試しください(^^)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

www.rubber-green.com