Rubber-Green前世療法のブログ~イデアの世界~

前世療法 ヒプノセラピー カウンセリング 宇宙や不思議な話

宇宙・多次元・過去世・未来世 ヒプノセラピー・前世療法・インナーチャイルド スピリチュアル・愛の存在を思い出す

★嫌いなアイツも自分が映し出した現実?★すべては自分に原因がある?★影響を受けない存在★

f:id:Rubber-Green:20210126072405j:plain

 

自分が体験している現実は

自分の周波数を映し出したもの

 

 

量子力学的」にも「スピリチュアルな考え方」からも、よくこう言われます。

 

だとしたら…

・上司からの嫌がらせも

・パートナーの浮気も

・子供や姑との苛立った関係も…

全て、私が出している周波数ということ?

 

確かに、周波数的にはそうだと言えます。

でも、この捉え方を間違えている人が多く、

自分を責めてしまう原因になってしまっているようです。

 

  

例えば職場で、

「仕事が遅い」「何度言ったらわかるんだ?」という言葉の嫌がらせ、

態度や目つきなどで差別を感じたり、それは色々だと思います。

 

その要因は2つ考えられます。

1つ目は、自分の潜在意識の思いが映し出されている。

2つ目は、相手が自分の中に自分を見ている。

 

f:id:Rubber-Green:20210126072625p:plain

 

まず1つ目…「自分の潜在意識の思いが映し出されている」

自分が人に対して、その上司と同じ考えがあるから、映し出された!と思っているかもしれませんが、それらは深層心理で「自分に対して」そう思っている、ということです。

そして、何に対しても要領が悪く、一回聞いただけでできない自分(と勘違いしている)を責めているんです。

 

それは今のあなたに対してではなく、記憶になくても、幼少期の自分が根本原因というのが多いでしょう。

 

お母さん(周囲の大人)に「早くしなさい!」とか、「遅れちゃだめ!」「人に迷惑がかかるでしょ!」などと言われたことが原因だったりします。

 

幼いあなたは、それらを素直に受け取ってしまい、自分は人に迷惑をかける悪い子なんだ。

そんな悪い子はお母さんに愛されない。

だから、迷惑をかけないで一生懸命頑張ろう。

そして、一生懸命頑張らない自分なんかいらない!と言って、そんな自分(や他人)を分離していきます。

力をなくしていくんです。

 

f:id:Rubber-Green:20210126072836j:plain

 

けれど、その時のお母さんの心の奥底では、

この子が遅れたら、みんなに責められちゃう。

この子に嫌な思いをさせたくない、守りたい!

という「愛」の思いがあったのですが、言動に移す時には、変化してしまうのです。

これは、みなさんも経験があると思います。

 

本当は、

「自分のペースでやっていこう♡」

「みんなに、”遅れてごめんね”って一緒に謝ろう♡」

と、お母さんは子供を安心させたかったはずです。

そしてお母さんも…

幼い頃の自分はそう言って、お母さんに守ってもらいたかったはず。

 

 

そして、どんなに文句を言われても、何があっても、

あなたは「何からも影響を受けない」存在だということを、忘れないでいましょう。

 

f:id:Rubber-Green:20210126073041j:plain


2つ目の「相手が自分の中に自分を見ている」

 

 

ついては、また次回書きたいと思います。

 

お読みいただきありがとうございました★