Rubber-Green’s blog

前世療法 ヒプノセラピー カウンセリング 鎌倉 横浜 東京

湘南・横浜・東京 |ヒプノセラピー・前世療法・インナーチャイルド| 並木良和さん 早川千春さん

★輪廻転生のほんと★カルマは刈り取る★自業自得の人生★前世療法の漫画を発見★

f:id:Rubber-Green:20210129071739j:plain

 

興味深い前世療法の漫画を見つけました。

原作者は前世療法を行う、ヒプノセラピーのセラピストさんです。

 

全部ではありませんが、4つほどのお話を読みました。

漫画はエンタメだから、この内容は仕方のないことかもしれませんが、

「これだから、前世療法を勘違いされちゃうんだよな」と思いました。

 

内容は、現実的に起こる不可解な思いを持ったクライアントさんがセラピーを受け、原因となった前世を見て、現在との関連が分かる…という内容です。

 

もちろん、マンガというエンタメですし、一部を漫画にしたものだと思うのですが、

ラストが同じセラピストとして悶々とするわけです。

 

 

例えば「なぜか毎日父親を殺したくなってしまう」という女性の悩みの話。

初めて殺意を感じたのは、幼稚園の運動会。

父親が参加した玉入れ競争で、紅白玉を持った父の姿をみた時。

他にも河原の石や、お饅頭や石鹸など、手のひらサイズのものが怖いという。

 

f:id:Rubber-Green:20210129071829j:plain

 

そして催眠誘導で前世へ…

 

その女性がまず見たのは、自分の姿。

田んぼの中にいる、あまり裕福そうでない昔の日本男性。

15人ほどの村人に追われ、恐怖を感じている。

その中には現世のお父さんの姿も。

どうやらある人に頼まれ、隣村にだけ水を流し、その村人たちの住む田んぼに水が行かないようにしてしまい、

村の稲が弱って生活に困った村人が、原因を突き止め追いかけてきた様子。

そして追い詰められ、みんなから石を投げつけられ…という最期。

そして、そのまま解催眠。

その女性はその前世を思い出した後、

お父さんは悪くない、水泥棒をしていたのは自分…自業自得だったんだ、と。

そして理由が分かり、まだ嫌いな気持ちは全部なくなったわけではないけど、少し違う気持ちになった…と。

 

どうですか?読んでいて悶々としませんか?

 

f:id:Rubber-Green:20210129072048j:plain

 

確かにこれは「ヒプノセラピー」だと思いますが、「前世療法」ではないと思います。

「セラピー」「療法」ではない、と思うのです。

 

けれどこれは、前世療法士からみた意見かもしれません。

なぜなら、以前グループセッションでクライアントさんから、こんなご感想があったからです。

 

その方がみた前世は、ある国の王家の娘でした。

優しい父と大好きな母に囲まれ幸せでした。

けれど、実は…

 

 

続きは次回に(^^)/

お読みいただきありがとうございました★

 

気に入っていただけたら、友だち登録をお願いいたします♡

友だち追加