Rubber-Green’s blog

前世療法 ヒプノセラピー カウンセリング 鎌倉 横浜 東京

湘南・横浜・東京 |ヒプノセラピー・前世療法・インナーチャイルド| 並木良和さん 早川千春さん

★親からの虐待も自分で決めてきた?★人生は変えられないのか?★自演自作の真実★

前回の続きです⇩ 

www.rubber-green-kamakura.com

 

以前、当方のグループセッションで

ある「小国の王家の娘だった」前世を思い出した方(Aさん)がいました。

グループセッションの最後にシェアをするのですが、

その時に、こんなことを話してくれました。

 

ーーーーーーーーーーーー

王である父にはたくさんの奥さんがいて、自分の母もその一人でした。

でも父も母も優しくて幸せでした…

 

f:id:Rubber-Green:20210201073612j:plain

 

けれど、ある時身内でもめ事が起こって、私は投獄。

さらに母は、私の目の前で刺され…。

ひどい最期でした…(号泣)。

 その後は、残った身内に助けられ…どうも結婚もしたようです。

その後は普通に暮らしていましたが、

ヒプノセラピーをすると、いつもこうした悲惨な人生を見るので、

あまり好きじゃないんです。

自由を奪われたり、ひどいことをされたり...。

今の人生も同じような感じで、カルマっていうのかな…

こうやって同じ人生を繰り返すのかなぁって。

ーーーーーーーーーーーー

前世と今世の関係、カルマと呼ばれるものを捉え違いされていると、前世を思い出すことは、「意味のないこと」どころか、「逆効果」のように思います。

 

私たちはどんな人生、体験をしたいのか?

生まれてくる前に決めてくると言われています。

ブループリントを作るような「人生の設計図」。

 

www.youtube.com

 

そして今から2000年近く前の哲学者「エピクトテス」は、こう言っています。

 

 記憶しておくがよい。君は演劇の俳優である。劇作家が望んでいる通りに、短編であれば短く、長編であれば長い劇を演じる俳優だ。
 作家が君に物乞いの役を演じてもらいたければ、そんな端役でさえも君はごく自然に演じるように。足が悪い人でも、殿様でも、庶民でも同じこと。君の仕事は、与えられた役を立派に演じることだ。その役を誰に割り振るかは、また別の人の仕事である。

 

さらに時は経ち、「その役を振り分けた人」は別次元の自分だという思想が広がっていきます。

「この世は自演自作」だという事です。

 

f:id:Rubber-Green:20210201074034j:plain

 

こんなことはもう、2000年以上前から伝えられている。

けれど、私達は…。

人間の進歩はとてもゆっくりなのかもしれません。

(ここからの脱却を、”目醒め”や”覚醒”、”悟り”などと呼びます)

 

 

エピクトテスは、

だからといって「今の人生を嘆くな、自分に振られた役は何なのか、何を自分は望まれているのかを見抜くことだ」と言っているのですね。

 

エピクテトス自身、足が悪かったのですが、彼にとっては自分のその不自由すら、演じるべき役柄として理解していたということですね。

(これは、エピクトテスのいた時代背景や、奴隷出身という環境も影響していると思います)

 

でも悲観してはいけません(^^)

私たちは絶対的心理として、宇宙から「自由意志」が尊重されています。

だから、

一挙手一投足すべての動きが台本通りというわけではありません。

人生=舞台という制約の中で、

自分の手で変えることのできるものは何か

その反対に受け入れなければならないものは何か

を知る必要があるということです。

 

 

さて、話を戻すと…

グループセッション参加のAさんは、

一体何を

自分の手で変え、その反対に受け入れなければならないのか?

まさに今世で、気づいていくのかもしれませんね。

 

これには心理的盲点「スコトーマ」の影響や思考の「癖」があり、

なかなか自分では気づきにくいところですので、

メタ認知(客観視)し、自分をより深く理解する「前世療法」の手法は、

やはりお勧めしたいところです(^^)

 

これを読んで、何か感じられた方はぜひ!

 

www.rubber-green.com

 

気に入っていただけたら、友だち登録をお願いいたします♡

友だち追加

 

お読みいただきありがとうございました★