Rubber-Green前世療法のブログ~イデアの世界~

前世療法 ヒプノセラピー カウンセリング 宇宙や不思議な話

宇宙・多次元・過去世・未来世 ヒプノセラピー・前世療法・インナーチャイルド スピリチュアル・愛の存在を思い出す

【前世療法㊽】(その②)★突然襲った悲劇から亡くなるまでの生き方★存在価値とは?★

f:id:Rubber-Green:20210124143751j:plain

 

・いつも漠然とした不安が押し寄せてくる

・みんな、私のことがいなくても気にならないだろうと思う

・私が注ぐ愛はあるが、私に注がれる愛はない

・頼りにされるのは嫌い

そう話していた太田さんの、前世療法セッションの続きです。

⇩⇩⇩

 

www.rubber-green-kamakura.com

 

テーブルに頭が届かない小さな私を、みんなが可愛がっています。

幸せです!

でも、みんなでパンを食べようとしたその時…

 

でっぷりとしたお腹の3人組みの泥棒が突然入ってきて、

私以外みんな殺されました。

f:id:Rubber-Green:20210311064015j:plain

 

私は兄の指示で、暖炉の隙間で、声を出さないように隠れていました。

パンをめちゃくちゃにされて…

何でこんなことになったのか…

何が何だかわかりませんでした。

その後は私は、裸足で逃げ出しました。

 

 

40才くらいになると、私は嫌な大人になっていました。

使用人に「儲けが少ない!」と、目を吊り上げて怒鳴って。

でもそれがいいとか悪いとか、罪悪感のようなものはありません。

 

仕事は好きじゃないけど、仕事をしないと「自分の存在価値がなくなってしまうからやっています。

上司はがめつい男前のおじさん(現世の旦那)で、

その上司は、私を拾ってくれた人です。

表面的には慕っていますが、好きでありません。

 

私はというと、

心の中は空っぽ…

私の言葉に真実はひとつもない…

 

ずっと「死んでしまいたい」「野垂れ死にしたい」

それだけを考えて生きてきました。

 

本当の気持ちは、ずっと昔にしまってしまいました。

 

その後しばらくして、私は亡くなりました。

石ノ塔の中にある、冷たいベッドで一人亡くなりました。

家はありません。

ここは教会の隅っこで…暗くて冷たい…。

 

f:id:Rubber-Green:20210311064205j:plain

 

終わった!

毎日この日を待っていた!

気持ちが軽くなっていきました。

 

亡くなって、ずっと心にしまっていた、大好きな家族と再会しました。

みんな笑っている。嬉しい。ありがとう!!

みんなでパンを食べたい。

お母さんの作ってくれたパン。

お父さんが私に言っています。

「ほら、いっぱい食べな」って。

麦がいっぱい見えてるパンです。

幸せです。

 

 

これが太田さんの初めてみた前世です。

物乞いをして何とか生きてきたようです。

心のどこかに、寂しい…という本当の気持ちを隠し、

いつしか感情さえなくなっていったようでした。

 

現在も襲ってくる不安感は、この時から始まったのかもしれません。

それも当然です。

突然意味も分からず、家族を失ったのですから。

 

けれど、太田さんはなぜこのような体験をする必要があったのでしょうか?

さらに別の前世へと、私は誘導していきました。

すると、驚くべき人生を過ごした前世が顔を出しました。

 

続きはまた次回に。

お読みいただきありがとうございました★

 

 

 公式ラインにご登録ください♡

ここでは書けないお話や、セッション割引特典などを配信しています。

⇩⇩⇩

 友だち追加

 

#前世療法 #ヒプノセラピー #不安解消 #並木良和 #セラピー #スピリチュアル