Rubber-Green前世療法のブログ~イデアの世界~

前世療法 ヒプノセラピー カウンセリング 宇宙や不思議な話

宇宙・多次元・過去世・未来世 ヒプノセラピー・前世療法・インナーチャイルド スピリチュアル・愛の存在を思い出す

★頑張らないでいいのか?★大いなる何かに任せていていいのか?★

前回の続きとなります⇩

さて、どうしようもない状況、助けが必要な時…私たちは何もせず、ただ待っていてよいのだろうか?

天命や大いなる何かに任せて、ただリラックスしていればよいのだろうか?

 

f:id:Rubber-Green:20210805072454j:plain

 

そこには2つの選択道があるらしい。

それが、

「猫の道」と「猿の道」である。

 

「猫の道」とは、リラックスしていればよいという道である。

子猫はただ待っていれば、母猫が子猫の首をくわえて運んでくれる。

f:id:Rubber-Green:20210804140045j:plain

 

 

「猿の道」とは、自らもしがみつくという道である。

母猿に運んでもらうが、子猿も懸命にしがみつく努力が要請される。

f:id:Rubber-Green:20210804140054j:plain

 

 

どちらが良いとか悪いとかはではなく、どちらが好きか?しっくりくるか?など、好みの問題で選んでいいのだと思う。

 

私は、以前は…

順調の時は「猫の道」、そうでない時は「猿の道」を選んでいた。

うまく行かない時は、不安をかき消すようにジタバタとしていたし、努力とはいかないまでも、できる限りで色んな事をしていた。

 

けれど今は…

順調な時は「猿の道」、そうでない時は「猫の道」を選択している。

逆境のときはジタバタともがけばもがくほど、溺れる方向へと進む気がしたからだ。

そんな時こそ、手足をユラユラをさせて、リラックスして待っていれば、逆境から抜け出せたりする。それは、時にリラックスというより「忍耐」に近いこともあるが。

 

エネルギーがあれば、土砂降りの中、視野の悪い中でも進んでもいい。

けれど、「やまない雨はない」と割り切り、一旦立ち止まり、雨が止んだら歩み出してもよいのだ。

 

」しいとは、「まる」と書くように、どうしようもない状況が続くときは、一旦止まってみてはいかがだろうか?

 

母猫や母猿が、大いなる何かと仮定して、どこかへ行こうとする時は…

どちらにしろ、一旦止まってじっとしていた方が、運びやすいだろうしね(^^)

 

 

お読みいただきありがとうございました★

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

YouTube

誘導瞑想や、お悩み相談など。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【ホームページ】